ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

古裂よもやま話

前述のブログでは「値段って一体何だろう?」という話を書いたが、今回も古裂にまつわる値段の話をしよう。

裂でも完品(完璧な形で残っている品)からゴミのように小さいものまで、状態と景色(構図)、時代によって値段は乗数的に変わる。例えば辛うじて模様がわかる程度の辻が花なら数千円、A3サイズ程度になると数百万円、完品だと1億円というのが相場であろう。

先般も慶長小袖(江戸初期)を1億円で売るという話を聞いたが、下手すれば「ボロ布」としてゴミ箱に捨てられてしまいそうな裂が数百万の価値があるのだから「値段って一体何だろう?」と改めて考えてしまう。

単純に言えば需要と供給のバランス、経済原論の示すとおり欲しい人が多くて供給する人が少なければ値段は上がる。今流行りのオークションも会場で競り合い、我を忘れて高値で落札すれば売手の思う壺となる。古美術商の世界では過度な高値になり過ぎないように、最高額でくじ引きをすると聞いた事がある。

そう言えば、本阿弥光悦が茶道具屋で見つけた茶入を手に入れるために全財産と交換したと母に伝えると、母は「でかした!」と褒める一節を思い出す、江戸初期にも光悦のように無類の道具好きが既に存在したのだ。

Stay Young

人生の半分を過ぎると誰もが何時も若々しくいたい、もしくは若く見られたいと願うだろう。しかし残念ながら歳を重ねると健康な人でも何となくみすぼらしく見えてしまう。

原因は筋力の低下など生物学的老化現象で我々シニア世代にとって避けられない現実だが、中には「まだまだ自分は若い!」と力む人はフィットネスクラブで筋力トレーニングに励んだりジョッギングを日課にするなど、頑張ってる人も多い。

私はこれらの人はすこぶる健全な精神の持ち主であると賞賛する。なぜなら「若い奴らには負けたくない!」という向上心?から実際に行動を起こせるのだから身体も心も健康な証である。

かく申す私も普段見慣れているはずの手にシワやシミが増え愕然とすることも度々ある。「一体いつの間にこんな歳になってしまったのか、この現実は受け入れ難い、、、。」と不合理な怒りを爆発させる。

それで少しでもみすぼらしさを見せないために次の三つのことを数年前から実行している。

1:背筋を伸ばし姿勢を良くする。

2:服は上質なものを選ぶ。

3:異性の目を意識する。

せめてこの三つは生きている限り励行したいと思っているが未来はいつも不透明だ。

値段って一体何だろう?

先日ある作品展で某織物作家の作品が気に入り、早速連絡先を探して購入の話を切り出した。

作家の代理人に私は赫赫然々、京都の祇園で呉服商を営なんでいると伝えると「それでは本来30万円のところを業者価格の15万円です。」という返事であった。

15万円は確かに値打ちがあるので「では!買いましょう。」と答えて一件落着したのだが、後になって考えてみると、もし私が一般の消費者なら30万円で買う羽目になってしまったはずだ。ではその作品の値段は本当はいくらなの?と疑問が残った。

先方の気持ちはよくわかる、私がぎをん齋藤の顧客に売る際にあまり高くなっては商売しづらいとの配慮からの値下げなのだろうが、作家ご本人はそれで納得しているのだろうか?

自分の作品を自分で値段を決めるのは当たり前のことで他人が決めることではない。自身で15万円と決めた作品を消費者に30万円で売って呵責は残らないのだろうか?自分の評価の倍のお金が手に入るのだから不満はないだろうが釈然としないはずだ。

物の値段を作者もしくは作社が決めたのなら相手が誰であろうと、どういう立場の人であろうと押し通すのが筋ではないか。ぎをん齋藤は昔から一切値引きはしない。値引きするのなら最初から値引いた価格を表記すべきだと思う。