古裂美術館

  • 檜垣に藤菊文辻が花染
  • 檜垣に藤菊文辻が花染

檜垣に藤菊文辻が花染

  • 素材・加工:練貫/絞り染、墨描
  • サイズ:60.1×40.8cm
  • 時代:桃山

紺色地に白く染め抜いた檜垣と、萌葱地に四季の草花を絞り染であらわした2種類の辻が花裂が組み合わされて額装されている。もとは細川蓮丸像(聴松院所蔵)に見るような片身替の小袖であったと推測できる。絞りの技術も墨描きの筆力も一流の、まさに桃山時代の典型的な辻が花裂である。

Category

布の道標

布の道標

齋藤貞一郎古裂コレクション

京都・ぎをん齋藤創業170年の記念として、現7代目当主・齋藤貞一郎の古裂コレクションを書籍化、出版致しました。
当主が30歳半ばより少しずつ蒐めてきた裂類300点余りの中から選りすぐりの裂約80点をオールカラーでご紹介致します。
正倉院裂、唐時代のものから幕末までの染織裂に、一点ごとに精緻な作品解説を付随させました。
また英文解説付きであり、収録作品は付属DVDにて実際に手元にあるような詳細写真からその美しさをご堪能頂けます。