ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

女将思い出語り

義父の商い

義父の思い出はたくさんありすぎて何から書いたら良いか迷うほどです。実に個性的な人でしたから…

生涯を着物で通した義父は祖母に対して大変忠実で、信心深く、倹約家(京都ではしまつ家と言うけれど…)、質素、生真面目で温厚な性格でした。しかし仕事に関しては厳しく、祖母に続き商いについて教授してくれたのが義父でした。

 

義父の毎月上旬の仕事ぶりは、あの細い身体で、風呂敷に包んだ反物荷物を肩に一つ、腕に一つ持ち、大阪、神戸方面を阪急・京阪電車を乗り継ぎ出かけます。

その当時の義父らしいエピソードですが、ある真夏の暑い日の夕方、義父は京阪神を廻り、帰路京阪三条駅に着いたとたん、体力が尽きて反物をかかえたまま倒れました。主人が連絡を受けて迎えにいきましたが、義父は朝からかき氷一杯しか食べていない…との事。仕事好きも良いけれど、ここまで来ると可哀想やら、また何と不器用な事かと、つくづく同情したことを鮮明に覚えています。

中旬は東京へ出かけ能楽、地唄舞関係の方々にお会いして二泊ほどで帰って来ます。常宿は東銀座東急ホテルでしたが、現在はもう建物が残っていません。着物姿の義父はホテルのドアマンが覚えてくれていて「お帰りなさい!齋藤さん!」と声を掛けてくれるのがとてもお気に入りだったようです。その頃の新幹線は片道三時間四十分もかかる時代でした。

 

下旬になると義父の苦手な伝票書きで月末を迎えるのです。常々義父は私に「仕事は楽しくしなくてはあかんよ!」と言うのですが、私は唯ひたすらお客様に買っていただく事のみに気合が入っていました。しかし義父の言う通り、それでは楽しくないのです。それで義父の商い振りを観ておりますと、接客中の義父が「楽しくて仕方ない!」と満面の笑みで、なぜだろうとさらに観察していると、お客様との世間話等で心が弾んでいるのです。

そんな空気感の中で義父はお客様の一番似合う着物の地色から商いに入ります。会話の中で「あんたはんには、この色が一番似合わはります!」と言い切り、以前お求めいただいた品々との組み合わせを提案しておりました。お客様のタンスの中身をすべて記憶しておりますから、お客様も安心して下さったのでしょう。「品物は値段ではなく、安くてもその人に一番似合うものを選んであげなあかん」というのが義父の口癖でした。

 

義父は昭和六十二年五月、七十二歳にて闘病の末亡くなりました。現在でも義父の直接のお客様がお二人いらして先斗町にお一人、千葉幕張にお一人。引き続き当店をご贔屓いただいております。

大変有難い事です。感謝! 感謝!

家付娘…祖母

明治十七年生まれの祖母は日清、日露、第一、第二の世界大戦を体験し、近代日本史そのものの姿の中に、強さ、清貧さ、優しさ等を持ち合わせた人柄でした。

祖母は俗に言う「家付娘」でしたから、何につけても家業安泰を生き甲斐として、九十六年の人生を全う致しました。
祖母は私と同じ丑年という事もあり、イヤに馬が合って、常に私を側に座らせて、延々と京都での暮らし方、商いの心得、家業の大切さ等々…夢中になると深夜まで伝授してくれたのですが、「ぎをんの町言葉」は私には難解で話の内容は半分位しか理解できなかった事を祖母には申し訳ないなぁ…と心の中であやまっていました。

そんな祖母を家で看取った私たち家族は、家業への大変な不安と心細さ、寂しさを痛感したことを覚えております。特に主人の落胆ぶりは尋常ではありませんでした。「おばあちゃん子」でしたから…

その頃の日本経済は好景気で多くの企業、大会社が世界中に支店をどんどん広げて、現在のシニア世代(団塊世代)が大活躍!!一ドル八十五円時代の開幕です。

欧米ではそんな日本人サラリーマンを「エコノミックアニマル」等と揶揄した言葉が生まれた程ですが、勝てば官軍、好景気で日本中が浮き立ち、土地バブルの真っ只中です!後半の「バブル崩壊」を今思えば恐ろしい状況がこれからはじまります。

「おぉ~コワ!」

私の子育て

祖母の懇願により大学を卒業してすぐ家業についた主人は、義父の指示で午前、午後と二度の職人廻りをする為に九時過ぎには店を出ます。カブ(原付二輪車?)の荷台前後に反物を乗せるのですが、雨や雪の日は反物が濡れないよう風呂敷とビニールに何重にもくるみ、宝物を扱うようにして出発です。

みぞれ降る寒い冬の時季、夕方、店に主人が戻ると顔も手も赤くかじかんで、目の廻りだけまるで蝋人形のように青々と血の気ない状態でした…生きていく事は本当に大変な事ですね。

そんな中でも三人の子どもたちの成長は親にとって楽しさの時間帯でした。上二人の息子と末が一人娘で、主人と私の教育方針が一致しており、男の子は地域の公立小学校から公立高校へ、娘は私立かなぁ…等とザっと大まかなくくりの教育でした。

現在の親御さんのように子どもにつきっきりで面倒をみるなどという思考は私たち夫婦にはないし、また時間もありません。唯ひたすら本だけは読むようにと、子どもたちへ主人がやかましく言ったのを覚えています。

 

子どもの教育は、体験学習が幼児期から少年期にはとても大切な事と主人も私も考えて来ましたから、小さい頃から海や雪山等に連れて行き、一緒に遊んだ事が今にしてとても貴重な思い出となっています。息子二人にはとにかく丈夫で健康な身体づくりを目指し、大学受験まではスポーツ優先の教育、娘には夕食前後の手伝いと片づけを義務付けました。

家事の後片づけは一日を締めくくる事で、完璧にする事がその日の「無事」を意味する充実感につながると私は今も理解しています。

 

おかげで今は三人の子持ちとなった娘の台所片づけは見事なもんです。

アッパレ!