ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

6月の着物と帯
コーディネート 田中創造

羽衣 無双
藤ピンク地 桔梗

極薄の生地「羽衣」を二枚重ねて一枚のきものとした「無双」きものです。 下の生地に金彩で様子をつけた桔梗の柄を配し、上に綺麗な藤ピンクの生地を重ねます。地色の印象が柔らかくなるとともに、生地が重なることによって水面のようなモアレが生じます。また、剥き出しの金彩では絶対に表現できない陰影も生まれ、さながらきもの自体が柔らかな光を纏っているかの如くです。 無双とは言え極薄の生地を利用しているため、ぎをん齋藤では6月~9月まで単衣・盛夏にまたがって暑い時期全般にご着用いただくことを推奨しています。

¥460,000

香纓 袋帯

摺りガラスのような透明感と光沢を表現した夏の袋帯です。 全体に三角の鱗文様を織り出しています。モダンな印象ですが鱗の文様の歴史は古く、古墳時代にはすでに見られた伝統文様です。女性を災厄から守る「厄除け」の意味もあり、きものや帯の柄としても好まれています。コーディネート的にも幾何学文様なのでお花のきものと相性が良く、単衣・盛夏のきものに広く合わせていただけること間違いなしです。

¥364,000

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

柄のアップ画像。無双ならではの複雑な表情が魅力的。

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

生地の透け感はこのような雰囲気。何とも言えない透明感です。

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

実際には表に出て来ることはありませんが、桔梗の加工はこのような金彩です。無双の表現の面白さが分かります。

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

袋帯お太鼓の雰囲気。柄の三色がきものの柄や地色ともつながりやすい配色です。

  • 6月の着物と帯コーディネート 田中創造

お腹はスッキリとして可愛らしい様子です。