ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 9月の着物と帯コーディネート 宮林渉

9月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

駒無地 付下 霞ぼかし御所解

霞ぼかし御所解は、付下の位置づけでご提案させていただきますが、絵羽取りに霞を掛け、帯の合わせ方によっては訪問着格としてお使いいただけるお品物でございます。また染帯をお使いいただき、気軽な演出のお出掛けでもお使いいただける、今の時代に重宝する一着になると思いご提案させていただきます。

¥490,000-

からむし布 袋帯 葡萄

袋帯 葡萄は、経糸に土色に染めた細い絹糸を使用し、緯糸にからむし(麻)と玉糸を使用し織り上げてございます。 この袋帯の持つ印象から盛夏を避けた時期、単衣でも袷でもお使いいただける事でしょう。

お問い合わせ下さい

  • 9月の着物と帯コーディネート 宮林渉

弊社、従来の御所解は、白抜きで柄を構成する為に、中濃度以上の地色で染めて、柄をしっかり浮き立たせる事を念頭に仕上げますが、今回の霞ぼかし御所解は中濃度以下の地色にコンセプトを置き、霞ぼかしを入れ、優しい印象に染め上げる事に挑戦した新たな御所解としてご提案させていただきます。

  • 9月の着物と帯コーディネート 宮林渉

柄の構成は、菊を中心に松、紅葉を配し、それぞれの箇所に色糸刺繍と染疋田には金駒刺繍入れて表現してます。

  • 9月の着物と帯コーディネート 宮林渉

からむし布 袋帯 葡萄は、敢えて少し抑え気味の色調で織り上げている為、きものを引き立たせる帯となる事でしょう。