ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 9月の着物と帯 齋藤康二

9月の着物と帯 齋藤康二

雲井薄朱茶地まきのり小紋

【まきのり】とは生地を染める前に予めつぶ糊を集散 抑揚つけて生地にまき、地色を染め上げると糊の部分が 白く残り柄として成立する技法。 これは雲井の地色を朱茶に染め、そしてまきのりを施した 単調だが趣のある小紋。 背に加賀紋など、しゃれた縫い紋を入れて 無地の紋付としても良いのではないでしょうか。

195,000円

夏紬金茶地波頭に松竹染帯

生地は夏物らしい”夏紬”、駒絽のような単純ではなく、 どこか野趣な雰囲気もある染め上がりの良い生地。 柄は動きのある松竹に胡粉の波頭と、格調としゃれ感が 合いまった付下や小紋にはぴったりの夏染帯となっている。

230,000円

  • 9月の着物と帯 齋藤康二
  • 9月の着物と帯 齋藤康二
  • 9月の着物と帯 齋藤康二
  • 9月の着物と帯 齋藤康二
  • 9月の着物と帯 齋藤康二