ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 10月の着物と帯 齋藤康二

10月の着物と帯 齋藤康二

錆朱地縮緬御所解訪問着

御所解訪問着、こちらはぎをん齋藤の定番商品。 生地は【鬼しぼ】といわれる凸凹のある縮緬を使い、 裾まわりには御所解特有の平安時代を想わせる、草花が 主役の文様をあしらってあります。 菊、松、桔梗、ススキ、桜、などなど四季折々の草花が 咲き乱れ、優雅な場面を表現した逸品です。

690,000円

白地唐織菱取菊文袋帯

こちらは唐織の袋帯です。 地色から模様まで白と金糸を中心に織り上げた袋帯、 柄は菱取りの真ん中に菊が鎮座し、格式ある柄行となっている。 白一色の構成だが、唐織特有のふっくらした風合いと 織の組織によって立体感があり、重厚感も醸し出している。

お問い合わせ下さい

  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二
  • 10月の着物と帯 齋藤康二