ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

10月の着物と帯
コーディネート 田中創造

雲井 小紋
オリーブ地 まきのり

一見、濃い鼠色のようにも見えますが、オリーブ色やモスグリーンといった緑系の深い地色です。
お母様やお祖母様から譲り受けられたお着物の中に「良い着物なんだけど私には地味で…」というものはございませんか?なかなか袖を通す勇気が出ない着物でも、帯の合わせ方次第で明るく、華やかにも見えるものです。

195,000円

入子本紋 染帯
錆朱地 御所解献上花

ぎをん齋藤の看板商品「御所解」帯のシリーズで、じわじわと人気が高まりつつある「献上花」のお柄です。
お洋服ではしないような色の組み合わせで、着姿の印象をさまざまに演出できるのも、お着物ならではの楽しみではないかと思いますが、いかがでしょうか。

売約済

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

明るい雰囲気の帯を渋めのお着物に合わせていただくことで、全体の印象を明るく引き上げることが出来ますし、相乗効果で着物の方も何だか華やかに、瑞々しく見えて来るものです。
ただし、組み合わせを間違えるとまとまりのないコーディネートになりますので、色合わせは慎重に(^^)

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

柄はシンプルにまきのりを散らしたのみですが、散らした糊が染料を吸収して、白い部分の周りが不均一に濃く見える「色だまり」も立派な手仕事の証。「まきのり風」のプリントや型染めでは見られない「手の味わい」です。

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

地色は落ち着いた錆朱地、刺繍や疋田の配色も派手さを感じさせない色遣いとなっております。一方で地紋のある生地の光沢や雅やかな雰囲気が、上品な明るさを感じさせる帯です。

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

前面は両腹ともたっぷりと柄付けしております。御所解帯は季節問わずお使いいただけますが、お好みで菊と藤を使い分けるのも◎

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

藤の花、季節感が出てしまうので使いにくい…というお声も伺いますが、柄としてはお好きな方が多いですよね♪