ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 9月の着物と帯コーディネート 田中創造

9月の着物と帯
コーディネート 田中創造

雲井 付下
濃緑地 蝶鳥縫い 

金彩の業平菱に蝶鳥を散らした有職模様の付下げながら、鳥の尾羽を五色の平糸刺繍で彩るなど、生地の光沢、金の光沢、色糸の光沢、と種類の異なる静かな輝きが響き合い、着物全体の印象を明るく華やかなものにしています。 季節を限定する要素はありませんので、秋~冬~新春にも、その時々の帯の組み合わせで活躍するお着物です。

商談中

蓮布 染帯
生成地 宝相華縫い

上古に大陸より伝わり、日本最古級の刺繍裂にも用いられている「鎖縫い」の技法で描かれた宝相華文様の染帯です。土台の生地は、こちらも飛鳥時代には日本に伝わっていた「蓮」の繊維で織られたものです。仏像や仏典と共に持ち込まれたと考えられ、蓮の持つ仏教的な意味も相まって大層珍重されたようです。 眩い光沢を放つ、平糸の刺繍も魅力的なのですが、こちらは甘く撚り合わせ光沢を抑えた糸で、文字通り鎖を敷き詰めるように文様を縫い詰めて行きます。ぎをん齋藤ならではの「縫い」の奥深い世界をお楽しみいただける帯です。

1,300,000円

  • 9月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 9月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 9月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 9月の着物と帯コーディネート 田中創造