ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二

9月の着物と帯
コーディネート齋藤康二

雲井濃緑地蝶鳥縫い付下

地色は秋らしいこっくりとした濃緑(トクサ色)で、 ポイントには蝶鳥という古典的な柄を付下取りにあしらった、 上品なよそ行き。 その鳳凰と蝶は刺繍の縫いきり、業平は錆金の金彩という 仕上がりになっており、格調高い柄行ですが小付けという点では 幅広くご使用いただける品となっています。

商談中

上代錦段文様袋帯

織は錦織のひとつ、緯錦(ぬきにしき)。 緯糸(よこいと)に色糸・金糸を使い、文様を織り出している逸品。 柄自体はすべて金糸で表現され、木立や小花、菱形文様など 中央アジアの香り漂う魅惑的な仕上がりとなっています。

価格(要問合せ)

  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二
  • 9月の着物と帯コーディネート齋藤康二