ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 10月の着物と帯コーディネート 宮林渉

10月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

雲井 墨色 金彩すすきに蝶縫い

黒地では無い濃地という事。濃紺?墨色?黒地と比較するとトーンは優しい。 金彩はとても繊細な調子で、上品な印象。 蝶の配色も地色に合わせて派手過ぎず、でもポイントになる刺繍の魅力を存分に発揮しております。 帯の色目によって様々な個性を演出できる絵羽きものでございます。

¥490,000-

袋帯 摺箔 立枠に唐花

袋帯 摺箔のシリーズは、奥底から鈍く光る印象。 金糸であってもギラギラ感を無くし、時代としても受け入れ易い感覚をもって織り上げました。 正式というよりお洒落の差し色としてお使いいただきたい袋帯です。 箔には焼き箔も使用しており、見え方の強弱もついてます。

売約済

  • 10月の着物と帯コーディネート 宮林渉

焼き金の箇所が少し沈む調子となり強弱が付き 奥行きを感じさせる仕上がり

  • 10月の着物と帯コーディネート 宮林渉

小さいながらもキリっと主役級のポイントとなる蝶の刺繍

  • 10月の着物と帯コーディネート 宮林渉

衽 上前 右脇と金彩仕上げのススキ 絵羽合わせ

  • 10月の着物と帯コーディネート 宮林渉

お袖は振り違いでススキのみ