ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

10月の着物と帯
コーディネート 田中創造

菊唐草 着尺
黒地 小菊水玉絞り

便宜上、小菊絞りと呼んでおりますが、所謂写生調に枝葉のついたリアルな菊ではありませんので、季節問わずの抽象文様として、秋でも春でもお使いいただけます。 菊唐草の地紋が織り出された生地ですが、綸子のような光沢感はございませんので落ち着きある雰囲気です。無地場も寂しくならず、ちょうど良い塩梅の柄付けとなっております。 絞りの錆朱が利かしになって、何とも言えない可愛らしさが人気の逸品です。

230,000円

縮緬 染帯
紅地 御所解・定番

「ぎをん齋藤と言えば、御所解」と仰っていただける程、弊店からは切り離すことのできない御所解の染帯です。 鬼しぼのふっくらとした縮緬に、糊の白上げが柔らかく映え、精緻な墨描きと刺繍、また力のある疋田が絶妙なバランスで調和しています。 様々な地色・柄で展開しておりますが、中でも紅には独特の存在感、重みを感じます。 陳列会では他の色・柄もぜひチェックしてくださいね♪

245,000円

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

お腹の柄は反物の中央に流水を配することで、前広や松葉(開き)の仕立てでお腹を広く締めたい時にも自然な絵になるようデザインされています。

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

通常の半巾仕立ての場合

  • 10月の着物と帯コーディネート 田中創造

少し前を広くとった場合