齋藤織物 株式会社

    
2017年/10/04
7月から唐織を織り始め早いもので3ヵ月経過いたしました!
慣れない唐織で四苦八苦しておりました。。。

針曲がりに始まり、縦糸が切れたり、ペダルを踏んでも動かない!
というようなことに繰り返し見舞われ大混乱でしたが、
おかげさまで大分トラブルに強くなりました!
いまでは症状から辿ってどこに問題があるのか把握できるようになっております。

構造としてはシンプルな機ですが、
シンプルなだけに狂いが生じると、全体の調整が必要になります。
この狂いの原因は機の振動によるところが大きいので
いくらか織るとまた支障が出てきます。
その度の微調整を少しでもスムーズに進められるように、
しっかりとコツを掴みたいと思います!

DSC_0329.JPG
↑一番最初の大きなトラブルは機械自体が故障してしまって
口が開かなくなりました。
DSC_0330.JPGのサムネール画像
↑二番目の大きなトラブルは竜針の位置を調整したところ
こちらのシリンダーの接触が悪くなってしまい口が開かなくなりました。
DSC_0328.JPG
↑こちらはお隣のトラブルですが、
こちらの部分の油切れが原因で経があがったままになってしまう。

等々、さまざまなトラブルを乗り越え、いまはさくさく織れております。
この調子で進めたいものです。

宮地