齋藤織物 株式会社

    
2017年/11/22
日に日に朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
アトリエのかなたの山も、うっすら白くなっているときもあります。
ぼちぼち紅葉が綺麗な季節ですね!
SH3E0587.jpg


そんな中、きたる師走展に向けて鋭意製織中です。
おまちかねいただいております透し織りも着実に織りあがっています。

案内状のポストカードにあります唐織の慶長松梅は、アトリエの織り手の間ではひそかに
一度は織ってみたいと思っている柄です。
特に白地に金銀配色の六通はあこがれです。


そうこうしておりますと経糸に印が出てきました。
PB161313.JPG
この印からだいたい表と裏と、+α余裕の分の経があります。
途中で足りなくてもいけませんし、せっかくの糸を無駄にしないためにも、
整経屋さんが最後のほうに目印をつけておいてくださいます。