齋藤織物 株式会社

    
2019年/02/27
日曜日、子供を連れて北野天満宮の梅苑に行って来ました。
気候も良くてお花見にぴったりな日でした。
P_20190224_101007.jpg
50種類、1500本もの梅があるそうです。
P_20190224_110418.jpg

梅そのものも楽しめましたが、イチオシは御土居の梅です!
見上げるか、枝垂れ梅の下の方に咲く花を間近に見る・・・という感じで見ていたものが、そこでは上から眼下に広がる梅を眺めることができます!
梅の花が雲海の様にあるのを見下ろせます!花の微妙な違いの色が入り交じり、なんともいえない美しさでした。
P_20190224_110652.jpg
(写真ではなかなか伝えがたいですが・・・。)

どんなことでも、自分で実際のものを体験して感じることって大事だなぁと改めて思いました。
子供たちも今日の印象が少~しだけでもどこかに残っていて、いつかふと思い出すことがあれば連れて行った甲斐があるというものですが・・・どうでしょうか。


安井
    
2019年/02/20
昨日は雨でしたが、
今日はときおり日差しが差し込み、ぱっと春らしく感じます。
アトリエの庭木にもちらほら、蕾がふくらみだしています。

SH3E0596.jpg


経糸と緯糸と、どちらが多く見えているかで光沢や色味がかわります。
写真は白が経糸、青が緯糸のものです。
P2191937.JPGP2191943.JPG

色味や濃度の差がどんな風に仕上がってくるのか、
見本などをとりながらベストな位置を探します。


    
2019年/02/13
大寒をすぎましたが、寒波が襲来したりまだまだ寒い日が続きそうですね。
そんな最中でも植物は春にむかって準備をしているのでしょうね・・・。
花粉の襲来が怖いです。

一月はいぬる。二月は逃げる。三月は去る。
とはよく言いますが年度末まであっという間に過ぎてしまいそうです。

四月の桜が楽しみですね。
賀茂川沿いの桜が毎年見事です。




宮地

    
2019年/02/07


立春が過ぎましたが、寒い日々はまだまだ続きますね。

アトリエでは様々な種類の織物を織っていますが、一つの機でどんなものでも織れるわけではなくて、機によって織れるものが違っています。
今回、今まで織っていた唐織とは別のものを織る為に、機ごしらえをすることになり、棒刀と伏せの針の位置を換えました。
吊りかえるだけで、全く違う織物を織る機になります!

経糸も金糸に変え、組織も変えたりしますが、唐織の機だったとは思えないほどのタイプの違うざっくりしたものを織ることができます!
物凄い変わりようですよ!!(笑)
P_20190204_124220.jpg
唐織のダルマ糸から金糸へ経て継ぎしました。
P_20190204_124307.jpg
経て継ぎの結び目。


安井