齋藤織物 株式会社

    
2019年/06/26
暑い日が続いて、いよいよ夏の気配を強く感じます!
庭の紫陽花は次々咲いてほぼ全部が満開になりました。
明日からはようやく雨が降る様子、じめじめとするのは困りますが、
やはり雨があってこそ6月という感じがしますね。

このところ裏無地を織り続けていて
そろそろペダルを操作する右足の脛が痛い宮地ですが、
ふと機織の音に耳を澄ましたとき、
トン 
ガチャン 
カシャン
と、
かまちを寄せた音 
棒刀を引き上げる音 
杼を滑らせる音がするのですが、
そういえば昔話でも
トン
カラ
カシャン
という擬音で表現されていたなぁと思いまして、
機の仕組みがそう変わらないので当然なのかも知れませんが、
トン というかまちを寄せる動作が、
織るときの初めの動作であることをきちんと表しているようで、
機はいまよりもっと身近な存在だったことが伝わる気がします。



宮地