ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤康二

齋藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齋藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

職人の引退

今朝、2019年度叙勲の内容が発表されたニュースを見た。

その中で紫綬褒章の発表もあり、決定者のコメントや記者会見などが報道され、

一同に謙虚と自信に満ち溢れたお顔をされていた印象を受けた。

そして今朝、ぎをん齋藤では約30年もの間、刺繍の職人として

携わっていただいた御歳83歳の素晴らしい”職人さん”が引退される

ということで、暫らくぶりにご挨拶にいってきた。

その方はいわゆる昔ながらの職人気質で、強面、自分の腕一本で

今まで家族も養ってこられ、この世界ではベテラン中のベテラン、

一種のオーラ、近寄りがたい空気も漂っているような方ではあるが、

一度打ち解けると話好き、かわいい笑顔でほほ笑んでくれるのである。

その方から先日(14日前)に引退をすると通達があった。

私の心情は”長い間お疲れ様でした!”と感謝の気持ちと同時に、

一人の貴重な人材(伝統)がこの世界から消えていくというなんとも

言えない、残酷な時間の流れというものも感じた。

今朝の叙勲の話だが、名前こそ世間にはでない無名な一職人ではあるが、長い人生

コツコツと台(刺繍をする机のようなもの)と向き合い、地味で誰にもその技量を

自慢することなくいつも自分と台に向き合い、他には真似のできないすばらしい

刺繍をされてこられたこの職人も十二分、紫綬褒章に値すると心から思う。

その方からするとそんなものいりません!とおっしゃるに違いないが、

その功績はやはり称えるにふさわしい、崇高なものである!と言いたい。

今朝、お会いしにいくと1人静かに新聞を読んでおられ、この歳まで仕事ができたことが

何よりの喜びであり、感謝しています。といつもの笑顔でおっしゃっていた。

ご本人はいたって元気でいるが、何処か寂しさが漂い一つの灯火が誰からも

称えられることなく、静かに消えていくのを身をもって感じた貴重な時間であった。

 

 

 

名古屋展示会ご案内!!

平成最後の今春、念願の<名古屋展示会>を開催いたします。

場所:八勝館

日時:平成31年4月18日(木)~20日(土)

午前11時半~午後5時まで

最終日は午後4時までとさせていただきます。

(お食事:11時半~と12時半~の二部制 要予約)

 

今回は完全予約制となっており、

詳しくはぎをん齋藤までお問い合わせください。

尚、人数に限りがございますのでご了承くださいませ。

(受付は4月15日までとさせていただきます)

お問い合わせ:

ぎをん齋藤

TEL 075-561-1207

来週14日、15日、16日京を楽しむきもの展 開催!

いよいよ来週、六本木にて京を楽しむきもの展がはじまります。

今年で29回、毎年粛々と続けてこれたことに感謝し、

皆様を心よりお迎え申し上げます。

ぜひ、ぎをん齋藤の展示会を楽しんでいただき、良い出会い

がありましたら幸いに存じます。