ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤康二

齋藤康二

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齋藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

ぎをん齋藤の袋帯

ぎをん齋藤の袋帯は”齋藤織物”というグループ会社、”アトリエ”で若手の職人から

ベテランまで、日々試行錯誤を続けながら織物の世界に没頭、探求しています。

手機を数機所有し織の組織研究や手機でしか再現できない織物、コレクションでもある

数々の時代裂の復元など、ぎをん齋藤の染物に合う織物(袋帯)を制作しています。

今回はその中の一つ、”遼代裂”と名付けております袋帯をご紹介いてします。

 

 

名称:正倉院 梅鉢文

 

 

いよいよ銀座師走展示会!

おはようございます。

夏が終わったらもう11月、ほんとうにはやいものでぎをん齋藤では

来月開催いたします銀座師走展示会の準備を着々とすすめています。

今回も色とりどり、新作の染物、織物など多数取り揃えておりますので、

ぎをん齋藤が初めての方から、ご贔屓の皆様まで楽しんでいただけると

自信をもってご紹介いたします。

観劇やお食事、婚礼や催事お茶会など、ご入り用にそってご覧頂ければ幸いに存じます。

どうぞ初めての方も、お気軽に銀座にお越しのときはお立ち寄りください。

 

 

 

 

きものと帯

今回はきものと帯のコーディネートをご紹介します!

ご紹介するきものは結城紬のきものにカルタ柄、帯は綸子の生地で朱地

慶長縫いといったしゃれものの取り合わせにしました。

結城の風合いと綸子の光沢がぴったりですね。

きものは結城ですので、かすりが全体にあり、カルタは色鮮やかな

配色で存在感を演出しています。

帯は染帯ですが、綸子の光沢に絞りで染分けし、慶長らしい唐華を

多色の糸で刺繍して表現しています。

これからの季節、観劇などきものでお出かけにいかがでしょうか。