ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

田中創造

田中創造

  • 月を選択

京都・祇園の老舗呉服店『ぎをん齋藤』で、営業・制作に携わっております。古典に学び現代に活きる、オリジナルきもの・帯の創作舞台裏をお届けします。
~お問合せ~
ぎをん齋藤 田中 創造(たなか そうぞう)
☎ 075-561-1207 または 090-8880-1894(直通)
✉ gionsaito-tanaka@outlook.com

しはす展

ふと思い立ってスタッフブログの一覧ページを開いていると、田中のブログだけ異質な印象になってしまっていることに気づきました(笑) 先輩方のサムネイル画像に商品写真が並ぶなか、一人だけ土にまみれた野菜の写真が掲載されているのは、明らかにおかしいですね(^^;;

私の担当しているお客様に「こいつは仕事をしとらんのか」と思われるとマズいので、呉服屋らしい投稿もしてみます。

私、着物や帯を作る染めの職人さん方に主人からの指示を伝えたり、動いている商品の進捗管理をする役目をいただいておりますので、ものづくり方面で毎日走り回っております(遊んでばかりいる訳ではありません!)。

本日は、来る12月10日からの銀座・師走展に向けて、新しい付下げの刺繍の配色を考えておりましたよ。展示会でお会いすると、いつも田中の冗長な話を熱心に聞いて下さる、心優しいお客様のお顔を思い浮かべながら見本の糸を選びました(^^)

師走展では消毒・マスク・換気など基本的な感染症対策はもちろんのこと、夏からの動きに引き続きご来場のご予約を時間割制としております。一時間ごとに入場人数に上限を設け、入れ替え時間を作って会場内が密にならないように致します。

皆さまには引き続きご無理とご協力をお願いすることになりますが、このようなご時世でもきちんと陳列会をお楽しみいただくための工夫ですので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

東山・新門前通りの桜はすっかり紅葉し、秋真っ只中を感じさせます。うまく写真に撮れない自分の力量不足には不満ばかりですが、季節ごとに異なる表情を見せてくれる町の様子はいつもほっと一息つかせてくれます。

ここに来て陳列会への来場問い合わせもチラホラいただくようになって来ましたが、来週頭にはご案内状を順次発送して参ります。ご来場、心よりお待ちしております。

※一方で「やっぱり今は遠出はできないわ」という方もいらっしゃると思います。出て行くのは無理だけど、来てもらうのはOK!という方には、我々営業マンが個別に出張販売にも伺いますので、この機会にぜひ一度お問合せ下さい♪

ぎをん齋藤オフィシャル問い合わせはコチラ⇒http://www.gion-saito.com/top/#contact

田中直通のメールアドレスはコチラ⇒gionsaito-tanaka@outlook.com

実りの秋!

さてさて、コロナ禍で今年の秋は屋外で季節の移ろいを楽しんで…なんてことをブログで書いたその翌日、田中家の週末農園(左京区大原に小さな畑を借りています)に人参を収穫しに行きますと、朝9時には既に大勢の人出で、大変な活況を呈しておりました!

駐車場も満車で入庫待ちの車列が出来ているような状態で…みなさん広々とした自然の中で解放感を味わいにいらっしゃったのですね(*´ω`)

メインは人参の収穫でしたが、少し獲りに来るのが遅くなってしまい、成熟しきった根っこたちが所狭しと畝中にひしめいておりました。まだ成長しそうな十本ほどを残して全て収穫し、寒冷紗を掛けて保護している大根や赤かぶも順調に育っているようでしたので少し間引きをして来ました!大漁です!!

農薬を使っておりませんので、人参も大根も葉っぱの部分まで余すことなく食します(笑) 特に人参の葉は味や香りが強く、セロリのようにスープの浮き実兼出汁として使っても良いですし、細かく刻んでパセリみたいにふりかけても良しです。お浸しや炒め物、ナムルのように使っても美味しい万能選手ですのに、なぜかあまりスーパーなどでは見かけないですね。根っこから切り離すと日持ちがしにくいからでしょうか…。

今回、ちょっと面白いなと思ったのは「人参の紅葉」が観察できたことです!

写真の上部、鮮やかに変色している部分があります。近くで見てみますと…

まさに紅葉!ですよね。黄色くなったり茶色くなって枯れてしまうのとは別に、ある程度瑞々しさを保ったまま綺麗に色づいておりました。

見るタイミングの問題なのかも知れませんが、ちょっと珍しいものを見た気になって嬉しくなった田中でした♪

いよいよ本格的な紅葉シーズンですね、今年の京都は綺麗な紅葉になりそうな気が、何となくしておりますが…感染対策を行って是非、遊びにいらして下さい。

古裂展~九州編~

秋が少しずつ深まって参りましたね…鴨川沿いの桜は真っ赤に色づき、他の木々も朱やら黄やら、とりどりの彩りで目を楽しませてくれる季節になりました。

特に今年は屋内で密集することを避けて、広々とした自然の中で季節の移ろいを楽しむお出かけがオススメです。お天気と気温を確認しながら、ぜひお着物でお出かけなさって下さい(^^)b

さて、弊店の主人が古裂の蒐集家であることは、このブログをご覧の方なら恐らくはご存知のことと推察しますが『古い時代の美しい裂を集める』という趣味(?)は、何も現代人に限られた嗜好ではございません。数百年前、室町時代に茶の湯文化の広まりとともに、茶人の間で舶来の古く、美しい裂を求め、茶席に取り入れる文化が花開きました。

そのような「数寄者」の大名、加賀百万石の金沢・前田家に伝来した名物裂を中心とした展覧会が、九州国立博物館で開催されます!

…ここまでお読みになって、ピンと来られた方は鋭い!古裂つながりとはいえ、なぜ九州の展覧会の宣伝をしているのか?…お察しの通り、この展覧会に「ぎをん齋藤コレクション」も出陳されるのです!

とは言え、50点余りの作品中の2点だけですから、会のメインという訳ではございませんが、かつて主人がコレクション図録「布の道標」を発刊するに当たりお世話になった方にご縁をつないでいただき、国立博物館に展示していただくことが実現致しました。

展覧会のタイトル通り、織物に魅せられた人々が時代や場所を超えてつながって形となった企画展、ぜひ足をお運び下さい。

 

【織物に魅せられて~加賀前田家伝来の名物裂~】

令和2年12月1日(火)~令和3年1月24日(日)
九州国立博物館 文化交流展示室 第9室
入館料 大人700円

博物館ホームページはコチラ⇒https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_pre168.html

※大宰府天満宮の宝物殿などと共通のチケットもあるそうです。来年は丑年でもありますし「天神さん」にお詣りとセットでいかがでしょうか♪