ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

田中創造

田中創造

  • 月を選択

京都・祇園の老舗呉服店『ぎをん齋藤』で、営業・制作に携わっております。古典に学び現代に活きる、オリジナルきもの・帯の創作舞台裏をお届けします。

第十回 夏のはんなり展

前回の予告通り、きちんと(?)仕事の話をアップします!

東京方面のお客様からは既に問い合わせが入っておりますが、ぎをん齋藤の「夏の陳列会」もすっかり恒例になってきました。

本年も銀座・かねまつホールを会場に、単衣・夏の薄物を中心とした「第十回 夏のはんなり展」を開催致します!

 

正式なご案内状は鋭意制作中ですが、一足先に概要をお知らせしたいと思います。

 

≪第十回 夏のはんなり展≫

◆会期 5月24日(金) 11時~19時、 25日(土)10時~18時

◆場所 銀座かねまつホール(東京都中央区銀座6-9-9 銀座かねまつ本店 5F)

 

ぎをん齋藤の陳列会は京都・東京あわせて年に5回(本年は6回)ございますが、単衣・夏に使える薄物を会のメインに据えて陳列するのはこの5月の銀座展のみ!でございます。一年を通じて唯一薄物をメインにご覧いただける会ですので、直近でご予定のない方もぜひお越しいただければと存じます。

写真はいわゆる盛夏にご着用いただく「絽」の付下げです。田中はこの着物がとても好きなんですが、絽は着られる季節が限られるから…という理由で敬遠されることも少なからずございます。

ぎをん齋藤では従来の「単衣・夏」の区切りを乗り越えてお使いいただける新素材「すずかぜ」「天の川」のご提案に力を入れておりますが、今回はそれに加えて、夏の新しいお着物スタイル「羽衣無双」(仮)のご提案を本格的に打ち出す予定です!

 

「羽衣とは何ぞや…」「無双ってあの無双ですよね…」などなど、ちょっと気になる…という方はぜひ!会場へ実際に見にいらしてください(^^)/

もちろん先取りの秋物袷もご用意して参りますので、秋冬のご相談…という方も大歓迎です。ポイントは「事前のご相談」ですので、ご来場のご予定がお決まりになりましたら、お近くの営業スタッフやHPお問い合わせフォームより「これこれこういうシーンで着る着物を…」「この着物に合わせる帯を探してるんです…」など、細かい部分までご相談ください!我々も陳列会当日までに知恵を絞ってふさわしいご提案を固めて参ります。

 

という訳で本日は一足早く「銀座・夏のはんなり展」のご案内でした☆

 

 

~余談~

このところ、年々暑い日が多くなる気象状況の変化を受けて、お客様からも「単衣」を着る時期が長くなったというお声をよく伺います。

従来は、ざっくりと言えば10月~5月は袷、6月・9月は単衣、7・8月は盛夏(夏物)という衣更えの区切りが一般的でしたが、その単衣の時期が5月の連休前後から6月いっぱいにまで広がったり、9月~10月半ばまで広がったりしている、ということです。ものの本や着付け教室なんかでは、気温(夏日になれば単衣、真夏日になったら夏物、など)を目安にしましょう、という物差しも紹介されており、カレンダーに厳密に従うということではなく「気持ちよく着られる」ように、実状に合わせてルールをフレキシブルに変更していこうという流れが大きくなっているように思います。

もちろんお茶事など伝統的な暦や季節感を大切にされる場もございますし、同席される方々への礼を失するような身だしなみは避けたいものですが、押さえるべきポイントを押さえた上で「敢えて」従来の区分けを踏み越えてみる、あるいはボーダーライン上のお洒落を楽しむ、というのも着物文化を未来へ継承するためには重要な視座だと思います。

これは私見ですが「ルールが厳しすぎて着物を着られない」のであれば、ルールの方もある程度フレキシブルに変化していかないと「夏の着物」自体が廃れてしまうのではないか、と考えます。夏は麻や芭蕉布などの自然素材も多く、生地からおしゃれを楽しむには袷より夏・単衣が面白いくらいです。

浴衣代わりにサラリと着こなせるような「夏の一枚」をぜひ見つけてください。

「国宝の殿堂」展をみる

この週末も関西圏はいいお天気に恵まれ、先週に引き続きお花見のお出かけを楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。弊店の近くの桜も季節を進ませまいとするかの如く、元気に咲き続けております。こんなことも珍しいです。

さて、わたくし田中もお休みを利用してお出かけに行って参りました!

この写真だけである程度察しがつくのは関西圏の人間だけでしょうか(笑)

そうです、奈良国立博物館にて開催中の「国宝の殿堂」展、藤田コレクションの展示を見に行って参りました!

世界に3点しか完品が現存しないと言われる「曜変天目茶碗」を目玉に、国宝や重文を多数含む藤田コレクションの名品の数々を拝見して来ました。

なら博といえば正倉院展の賑わいが印象深いので、今回もさぞかし多くの方が長蛇の列をなして並んでらっしゃるのだろう…と、30~40分は並ぶつもりで朝の10時頃に到着したのですが。

…猫の子一匹、館外には並んでおりませんでした(^^;)

 

予想外の状況に多少面食らったのもつかの間、気を取り直して「これはゆっくり見られそうだ」と意気揚々展示スペースに進んでみますと、やはりそこまで甘くありませんでした。

展示スペースには大勢のお客様が鑑賞されており、(なら博に行かれたことのある方ならお馴染みの光景かと思いますが)壁に沿って長い列が形成されており、反時計回りに少しずつ前進しながら展示品を眺めていく、という安定の構図が出来上がっておりました。中央に配された曜変天目のブースには特別に二重の列ができており、場内係の方から「後ろからなら並ばずに見られますよ~」というお声がけもあったのですが、せっかくここまで来たからには至近距離で見たい!ということで田中も列に並んで、大きな期待をさらに膨らませて順番を待ちました。

 

で、実際どうだったのか、というと、とても興味深く拝見したのですが、私の拙い文章力でその全容を伝えることは到底できませんので、ご興味のある方はぜひ現地にて実物をご覧ください(^^)/

 

他にもたくさんの絵巻物、仏像、仏教絵画など貴重な品がずらりと並び、職業柄なじみの深い能装束や、尾形光琳・乾山の兄弟合作の絵皿などの前では特にじっくりと鑑賞して来ました。

国宝の「源氏物語絵巻」が会期後半での展示になるらしく見られなかったのが唯一の心残りでしたが、気持ちのいい陽気に充実したお出かけの時間を過ごすことができました。この余勢を駆ってMIHO MUSEUMにも行こうかと目論んでいる今日この頃です(笑)

 

次回はちゃんと(?)仕事の話をアップしようと思います(‘ω’;;) 来月末に迫った銀座・薄物の陳列会について、お知らせしますよ~!

光の射すほうへ…

ぎをん齋藤「第七回 春の京都陳列会」本日無事に閉会致しました!

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

会期前半はお天気もすぐれず気温も低い日が続きましたが、後半には春の陽気と満開の桜がお迎えする会となり、本日も最後までたくさんのお客様にご覧いただくことができました。

残念ながら今回ご都合の合わなかった方、継続して宿題を頂戴したお客様、皆様に喜んでいただけるお着物・帯をお届けできるよう引き続き精進して参ります。

我々スタッフの疲労感もピークに達しておりますが(笑)、しっかりリフレッシュして来週からはまた次なるステージへ、前向きに進んでいきたいと思います!

この度は誠にありがとうございました!!