ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

宮林渉

宮林渉

  • 月を選択

ぎをん齋藤の情報や日々の取り組みを更新。
季節のきものと帯のコーディネートなどもご提案させて頂きます!

羽衣の染帯

皆さん、こんにちは!(^^)/

とても蒸し暑い京都です。

本日は先週?ご紹介した羽衣の染帯バージョンです!

レアな事に世の中に一本しかございません。

長々とスクロールしていただかないといけませんが、お付き合い下さい。

下地に濃い目のブルー地に摺箔雲取り、上に黄色の無地を重ねてます。

お腹の柄付けです。下地のブルー、単体の巻を見るとエッジの効いた色目ですね。

上の黄色を重ねる事によって、羽衣染帯の表現が具体化されます。

水色と黄色を混ぜると緑色になりますが、一枚づつ染めて重ねるとそうはなりません。

実際、目でみると恐らくまた少し違います。

薄い色目を重ねているので、仕立の際の芯の色目を変えるとまた違う印象となります。

上のお腹を撮った羽衣に合せたのはザックリした素材の生紬の小紋。

こういう素材を楽しむ感覚、面白いと思います。

また、他にも合わせてみましたのでご覧下さい。

夏大島の素材に蕨を描いたお洒落着です。

夏の黒も、着てみると涼し気にみえますよね♪

この感じは羽衣染帯のテイスト主役にと思ってコーデしてみました。

二枚重ねの染帯なので、それだけでポイントとなりうる帯だから敢えてキモノは脇役に。

次は帯でもってお洒落使いの演出を考えたコーデ。

藍棒 加賀友禅調のキモノに合わせてみました。

夏の袋帯で正式なお出掛けにもお使いいただけますが、敢えての染帯で気軽さを出してます。

こういう風に羽衣染帯を合わすと一枚重ねてある効果で、表現としては「静か」な帯の演出になりますね。

このキモノも絵羽を合わすと流水の流れや友禅の調子と逸品でございます♪

最後に合せたのは蝶絞り♪

蝶絞りのキモノは大人っぽい色目ですよ!

実際にはもう少しマットな感じに見受けられます。

次に出せ!と言われても出せない地色です^^絞り染めの一発勝負で出てきた色目です!

このコーデも羽衣帯をお楽しみいただくのに面白い組み合わせかと。

じっくり眺めてみるとジワジワ「良き!」と思えてきますよ!

最初は「結構やんちゃなコーデかな?」と思ってましたが、じっくり眺めると

「相性いぃやん!」って感じました♪^^

この蝶絞りの素材も特殊で「変わり壁糸 乱れ段」と呼んでる撚糸を使用した生地です。

「すずかぜ」「天の川」で染める事が多かったですが、一反だけご用意している素材で染めました。

と、いろいろな組み合わせをする事で、ご提案する前に自身の眼に残し、いろいろなお客さまのご要望を叶えられるように精進しております。

お気に入りの組み合わせはございましたでしょうか?

お洒落な羽衣摺箔染帯、今回はレアな帯をご紹介させていただきました。

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com

夏小紋

皆さん、こんにちは!(^^)/

今月の着物と帯、更新しております!

スタッフで出来るだけ重ならないようにとそれぞれコーディネートしてますが如何でしょうか?

お気に入りはございましたでしょうか?^^

わたくしのコーデは「あ〜涼しげでいぃわね!」をイメージしてみました^_^

そして本日、ご紹介のきものと帯は

絽市松 菊小紋に黒地の螺旋夏染帯です。

上のコーデと比較すると少し大人な感じで。

雨降りの時に撮ったせいでしょうか。なんだか曇った感じになってしまいました。。

派手な色目では無いにせよ、もう少しスッキリとしておりますので実際にご確認いただければと思います。

黒地の螺旋 夏染帯、お腹も動きがあっていぃですね~^^

今回のコーデも時折お話しさせていただいているように、意識は小紋が市松の割付模様でカチッとしているので、

帯に動きを持たせて「静と動」をコーデの中で構築しました。

黒地の帯を締めるだけでも何だか「粋」な感じがしてきますね~♪

いやいや、やっぱり「はんなり系」で!という事であれば、違ったご提案をさせていただきます!

 

7月の完全予約制の陳列会でも陳列予定でございます!

現時点のご予約状況は、17日は早い時間帯から埋まってきております。

17日なら14時30分以降、

18日なら午前中か15時以降なら密を避けてご覧いただけると思います。

若しかするとご希望をお聞きしても、時間帯をズラしていただく事もあろうかと思います。

第二候補もお知らせいただければ幸いです。

 

そしていつもブログの下にアドレスを記しているのですが、時折.comが抜けております…

届かない!という事でしたら.comをご確認下さい。

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com

仕立も考える

皆さん、こんにちは!(^^)/

ご紹介するのは、前回に引き続き「羽衣」です。

撫子が全て上を向くように柄付けしてございます。

タイトルの「仕立も考える」というのは、特別感のある素材を活かし、重ねてあっても盛夏もお使いいただけますよ!とおススメしている羽衣。

いっその事、お仕立も考えてみる。

今、考えているのは一枚づつ単衣仕立にして、比翼の様にくっつけて仕上げてみるのも面白いのでは無いかという事。

下品になってはいけませんが、歩くと裾廻りがヒラヒラと下の柄が見え隠れするのも面白いかと。

衿は伊達衿風に少しズラして出すようにし、でも袖の振りからニョキっと出るのは可笑しいし、ポイントをおさえてヒラヒラと。

言うのは簡単だけど、仕立屋さん泣かせなのは間違いない。

それでも、そんなお洒落を楽しみたい!とおっしゃっていただけるお客さまがいらっしゃったら、全力でご提案させていただきます♪^^

着物の形を変えてしまっては、もはや着物とは呼べないと思うところもありますので、今まで受け継がれてきた着物文化をしっかりおさえつつ、

ぎをん齋藤テイストを落とし込み、そこから「今」少しの変化を楽しんでいただける事を念頭に。

以前から構想を持っており、衽の部分のみ表と裏を縫い合わせずに独立させてお使いいただいた事もある。

ただ、衽の部分だけだとヒラヒラ感が思うように出なかった。

羽衣の素材と出会い、たくさん染めていく中で、無双仕立の新バージョンも加速させていこうと思ってます。

着づらい、たたみにくい、衿がボアつくなどを解消し、いつもの感じで着るとお洒落!みたいな無双仕立を目指そうと。

午後から仕立屋さんと相談です!

お洒落だと思うのですが、どうでしょう?

 

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com