ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

宮林渉

宮林渉

  • 月を選択

ぎをん齋藤の情報や日々の取り組みを更新。
季節のきものと帯のコーディネートなどもご提案させて頂きます!

摺箔染帯、小紋に合わせてみた!

皆さん、こんにちは!(^^)/

曇り空の京都です。

明日より弊店のスタッフが愛知、東京と動きます。

お会い下さるお客さま、お時間をいただきありがとうございます♪よいお品物にめぐり逢えれば良いですね~♪

さて、本日のコーデは、摺箔シリーズの塩瀬 染帯の一本を小紋に合わせてみましたのでご覧下さい。

摺箔は雲取りの中に桃山時代の吉祥柄を配した柄です。

今、弊店の摺箔でイチオシの柄粋ですね♪

この地色も上品で良いと思います~^^

合せた小紋は、しけ引きの小紋ですが素材が特徴的です。

素材の節を活かした反物ですが、紬でなく「やわらかもの」の生地です。

精錬の仕方も特徴的で、お洒落コートなども使えるかなぁ⁉

なんて思ってます。

一見すると紬っぽいですよね(‘_’)

確か、経糸に松岡姫という糸を使用していて、その艶感が画像の染てない部分の照りにつながっているのだと…思う。

不確かなので、また調べられたら詳しくご紹介します。

次に合わせたコーデは濃地色。

何色かでぼかし染めで表現している「段ぼかし 小紋」です。

深みのある色目の集合体です。

使い方を間違えば、「やっちゃった」感の出てしまう色ですが、この摺箔染帯を合わせると、

なんて事でしょう!

あんなにくすんでた小紋が帯を引き立てる役割にまわり、双方の良さを出し合っているではございませんか~!(^^)!

と、何かのビフォーアフターみたいな解説ですが、良い感じじゃないですか♪

この素材も特徴的…だったような。。(笑)

丹後ちりめんなのですが、何か付加価値があったような。。

まぁコーディネートがしっかりしていれば自信を持ってお使いいただける事と思います!

陳列会でも、いろいろな可能性を探りまして、ご提案させていただきます。

どぞう下記よりご連絡下さいな♪

3月の六本木陳列会は、迷うくらいのお品物をご用意致します。初めてのお客さまは、ぎをん齋藤の商品ラインナップを把握するのに持ってこいかと思います。

迷いそうだから、

わたくしがしっかりお手伝いさせていただきます!

ゆっくりお楽しみいただければと思います。

どうぞ宜しくです♪^^

宮林でした。

下記のスケジュール以外にもご希望の地域での出張販売も検討させていただきます。どうぞお問い合わせ下さい。

出張、陳列会情報

2月第五週目に計画中

3月六本木陳列会(14日15日16日)

4月京都陳列会(1日~7日間)

5月 銀座夏のはんなり展(24日25日予定)

ご案内状をご希望のお客さまは下記よりご連絡下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com

075-561-1207

お問い合わせはコチラをクリック

 

下記メールやTELも合わせてご利用下さい♪
株式会社ぎをん齋藤
宮林 渉(Miyabayashi Wataru)
〒605-0088京都府京都市東山区新門前西之町200
TEL:075-561-1207 FAX:075-561-0868

桜~(^^)

皆さん、こんばんは!(^^)/

京都は一日中、雨が降りっぱなしでございました…((+_+))

雨は染物屋さんにとって大敵です~

雨だと気持ちが下がり気味になりがちで、わたくしも思うようにお仕事が進まない一日でしたが、引きずっても仕方なく、春よ来い♪という事で、わたくし連続で桜をチョイスしてのコーディネートでございます♪

紬の地色はもう少し桜色でございます♪

紬ですが、絹糸も入れて織られている紬で、その効果なのかとてもフワッと仕上がっている反物です。

その紬着尺に刺繍で桜の花びらを散らしました♪

刺繍がキレイなので、そのお仕事っぷりもご覧いただきたいのですが、紬の反物のポテンシャルが高い!

花びら縫いは、刺繍の色糸をぼかしの如く変化させて仕上げてます。刺繍のおさえもしっかりと仕上がっていて、どれをとっても秀逸でございます♪

そんな紬桜散らし縫いに合わせた帯は~!?

塩瀬 染帯 枝垂桜に短冊をコーディネートしました。

いわゆる、桜尽くしでございます~

とはいえ、花びらを散らした紬のきものは、主張の強い桜ではございませんので、他の帯も十分お使いいただける事でしょう!

帯の枝垂桜は桜の中では時期が遅めなので、4月に入ってもお使いいただけると思ってます♪

3月、4月にお着物でお出掛けの際の候補に入れて下さいな♪

そろそろお仕立しないと間に合いません(^^)/

ご着用のシーンは、お客さまそれぞれなのでより良いシーンでお使いいただければと思います。

「この桜吹雪が目に入らぬかぁ~!」っとお使い下さい(笑)

ブログを書いていたら、やる気!が出てきたので今日やれる事をもう少し励みたいと思います♪

宮林でした。

下記のスケジュール以外にもご希望の地域での出張販売も検討させていただきます。どうぞお問い合わせ下さい。

出張、陳列会情報

2月第五週目に計画中

3月六本木陳列会(14日15日16日)

4月京都陳列会(1日~7日間)

5月 銀座夏のはんなり展(24日25日予定)

ご案内状をご希望のお客さまは下記よりご連絡下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com

075-561-1207

お問い合わせはコチラをクリック

 

下記メールやTELも合わせてご利用下さい♪
株式会社ぎをん齋藤
宮林 渉(Miyabayashi Wataru)
〒605-0088京都府京都市東山区新門前西之町200
TEL:075-561-1207 FAX:075-561-0868

桜~

皆さん、おはようございます!(^^)/

本日は、珍しくお客さまからのご予約の無い土曜日です!

これからでもご予約いただければ、きものや帯をご用意させていただきます♪

桜の準備は出来ておりますでしょうか?^^

そろそろご依頼いただかないと、お仕立が間に合いませんよ!

弊店にも、いろいろな桜をモチーフに染めた帯やきものがございますよ~♪

一例ではございますが、コーディネートさせていただきました♪

裾ぼかし流水に桜吹雪に金唐革の袋帯を合わせてみました♪

きものの胸の位置の色目は以外に落ち着いていましたので、

白の帯でレフ版効果を狙いました^^(笑)

帯の色目が変わると、白の帯とは違うイメージになります。

着物の柄付が桜吹雪はあるものの、間を取った柄付けにしてございますので袋帯はグッと詰まった柄を持ってきてもメリハリが効いて良いでしょう!

帯が変化すれば、ご着用の年齢層が広がりますね!

きものの良さが感じられます。

コーディネートで、お客さまからお褒めのお言葉をいただく事があって「よくこんなステキな色合わせを思い付きますね~」とおっしゃっていただける事もございますが、毎日みて、考えてますので引き出しの一つでございますよ~♪^^

白生地の段階から色が柄を描いたり、染めたりの工程を追って、見て感じていますし、袋帯も同様に織りの段階からチェックしてますので自然とムクムクと蓄積から出てきます♪

それでも、おきゃくさまとのイメージの共有が不可欠なので、いろいろお話しをお聞きしながら、より良いコーディネートでご提案出来ればと思っております。

2月第五週目に愛知県へ参ろうと計画してましたが、なかなかお客さまとの調整が上手くいってません…(-_-)

3月の六本木陳列会までに一度、東京へ参ろうとも思ってます。ただ、スケジュール調整が難しくて。

何かご要望がございましたら、メールかお電話でご連絡下さい。どうぞ宜しくお願いします。

宮林でした。

下記のスケジュール以外にもご希望の地域での出張販売も検討させていただきます。どうぞお問い合わせ下さい。

出張、陳列会情報

2月第五週目に計画中

3月六本木陳列会(14日15日16日)

4月京都陳列会(1日~7日間)

5月 銀座夏のはんなり展(24日25日予定)

ご案内状をご希望のお客さまは下記よりご連絡下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook.com

075-561-1207

お問い合わせはコチラをクリック

 

下記メールやTELも合わせてご利用下さい♪
株式会社ぎをん齋藤
宮林 渉(Miyabayashi Wataru)
〒605-0088京都府京都市東山区新門前西之町200
TEL:075-561-1207 FAX:075-561-0868