ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

宮林渉

宮林渉

  • 月を選択

ぎをん齋藤の情報や日々の取り組みを更新。
季節のきものと帯のコーディネートなどもご提案させて頂きます!

観世水 サガラ刺繍

皆さん、おはようございます!(^^)/

最近、特にブログをご覧いただきお問い合わせをいただく事が増えました。

世間の状況と変わりなく、大変な時でございますので非常にありがたく思ってます。

少しでも「楽しい」や、一息つく時の娯楽としてご覧いただければ幸いです。

 

本日は波の小紋をベースにサガラ刺繍を施した付下をご紹介致します。

何気なく塩瀬の摺箔帯を合わせてみました♪

何気なくの中には、サガラ刺繍の付下は小つけで「間」を大きくとってますので

摺箔の柄がギュっと詰まった部分と集散のバランスが良いかなぁと。

またサガラ刺繍に丸みを持たせてますし、帯の方はエッジの効いたこの摺箔で!

という感覚です。

赤みのドット小紋に観世水の柄を描き起こし、サガラ刺繍で仕上げてます。

遠目では無地っぽいですが、お話しする距離になると「小紋にプラスαの付下!」

とみている方にも感じていただける事でしょう。

馴染みの良い色目を帯で合わせても、やはり良きですね。

からむし布 袋帯 正倉院 連珠文

龍の丸とも呼んでまして、連珠の中に龍なのですが「雰囲気は好きなのですが龍が…」というお声をいただいた事がございましたので、じゃ一本くらい何となくで龍を前に出さない帯に仕上げても良いかと思いご用意致しました。

色違いですが、表情がまるで違いますねぇ~(紺は売約済)

サガラ刺繍がテーマであったのですが、脱線、脱線ですね(笑)

最後にサガラ刺繍について、少し解説しますと、

中国では漢の時代より確認されており、日本では奈良時代に仏像の羅髪の部分に使用されたようです。

サガラ刺繍は、生地の裏から糸を抜き出して玉を作り、これを連ねて模様とする技法です。

撚糸を丸く糸を玉止めをし、とじ糸がなく糸がひっかからないので丈夫な刺繍の代表です。

玉のように縫い込む事から別名 玉縫いとも呼ばれます。

ポコポコしてて可愛いものです(^^)

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook

静かな色

皆さん、こんにちは!(^^)/

ブログ並びに4月の着物と帯のコーディネートをいろいろな方々にご覧いただいているようで嬉しく思います♪

有難いお言葉をいただけて、わたくしも嬉しい限りでございます。

今回のタイトル「静かな色」は、ビル群の中でも自然と調和のとれる雰囲気かと思います。

時にブログ掲載の着物と帯は、インパクトを重視したり

メリハリの効いたコーデを考える事が比較的多いですが、

今回は少し違います。

5月6月にお単衣仕立でお使いいただいては如何でしょうか?

という調子です。

着物の生地は駒無地で、しっかりしてますので裏が付いて無くてもペラペラした残念な仕上がりにはなりません。

貝の摺箔も地色に合せて銀!

どうぞご覧下さい♪(^^)/

地色はグレーっぽいもやぼかしを入れて仕上げてます。

もともとは能装束の熨斗目の衽裂であったと思われる古代裂からのインスピレーションを受け

揚羽蝶、海松貝、巴紋を摺箔で仕上げました。

コーディネートした袋帯は横段で、反物のもやぼかしの動きを整える様な効果を狙い合せてみました。

反物のベースとなる色目と袋帯の色目も馴染みよし。

控え目ですが、生地の光沢感による効果はしっかり持ち合わせてます。

もし袷でご着用の際には、お好みをお聞き致しましてコーディネートさせていただきます。

お客さまそれぞれのワードローブによって、帯を変化させればガラッと違う雰囲気の演出をさせていただける付下です。

お楽しみいただけましたら幸いです。

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook

段ぼかし小紋

皆さん、こんにちは!(^^)/

4月の着物と帯を更新致しました。

今回はわたくしもコーデさせていただきました!

頑張ってないけど、すごくステキな装いになると思ってます♪

早くも掲載の段ぼかしは7日ご来店のお客さまのお取り置きとなりました。

弊店は、一週間程度のお取り置きを原則としております。

ただ、陳列会でのお取り置きは出来ません。

ご承知おき下さい♪

公開直ぐのお取り置きで残念がっておられるお客さまへ!

お色違いならございます(^^)/

こちらも駒無地という同素材を使用して染めてございます。

松皮菱に蝶絞りの染帯と合わせてみました。

蝶が苦手なお客さまには、以前に掲載した辻が花も良きかな♪

素材とぼかし染めが相まって、気分が揚がる小紋となる事でしょう!

次のブログ掲載予定の着物と帯は単衣向けで、

タイトルは「静かな色」とでもしようかと思っている。

単衣がくる前に。。

いつまで引っ張るつもりだ(笑)

近々、掲載致します(^^)/

 

宮林でした。

ご質問、お問い合わせは下記メールをご利用下さい。

gionsaito-miyabayashi@outlook