ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

お礼とお詫び

一昨日まで開催していた「師走はんなり展」は予想を超える来場者に驚きと感謝の気持ちでいっぱいである。

例年3日間で100名程度を想定して営業社員を帯同しているが、本年は158名と過去最高の来客に社員達は昼食を食べる暇もなく接客に追われる有難い誤算であった。

お詫びは私の健康問題である。事前に出席のブログを掲載したので数人の人から声をかけられて、ご挨拶はしたが会場の乾燥と埃、話をする喉の負担から発熱をし、初日こそ4時まで頑張ったが2日目は2時間程度、3日目は早々に帰京と散々な結果になり申し訳なく、私の顔を見に来てくださったお客様にはお詫びを申し上げます。

日常の仕事だと柄のアイデアを頭の中でまとめたり色見本帳をひっくり返したりと座っている事がメインだが、展示会場はあっちから呼ばれ、こっちで挨拶するなど病人にはまだハード過ぎたと後悔している。

今回の盛況の理由は「ぎをん齋藤」が作り出す個性的で上質なきものや帯が東京の人達に支持されたものと思う。全て自家製造に徹し、同業者の製品を一切省みることなく、ただ自分の世界だけで作る姿勢が、安心できる「良きもの」を探し求めるお客様の心を掴んでいるのだと思う。

命ある限りものづくりに精進したいと思っていますので、変わらぬご指導とご支援をお願いします。