ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

コロナワクチンをもっと早く

イギリスやアメリカで始まったコロナワクチンの接種が日本は遅れている。

インドやインドネシアでさえも1月17日から始まったというのに日本では2月になるという。

毎日何十人の患者が亡くなっているというのに政府の動きが鈍すぎる。

コロナに関わらず薬の認可が慎重すぎて遅いのが日本の現状だと聞かされている。

重い副作用が出た時の責任を押し付けられるのを厚生省は避けているのだろうが、

日毎に増える死者の数や今日か明日かと待っている国民の気持ちを考慮すれば多少の無理はやむを得ないとおもう。

今は緊急事態の真っ只中「総理」の責任でワクチン接種を実行すべきだ。

私のブログは政治的なことは避けて綴ってきたがこのワクチン配布の遅れは黙ってはいられない。

飲食業を中心に生活ができない人が増え続けている、そんな人達の命は誰が守るのか?

マスクをつけたままの生活がもう一年も続いているなんて異常としか言えない。

そうは思わないのか?総理が「俺が責任を取るからワクチンを配布しろ」とさえ公言すればいいのだ!

是非、お願いしたい!