ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

コロナ年度二年目の冬

コロナという言葉を見ない、聞かない日は一日たりとて無い。

全世界5000万人以上が罹患したという事実は歴史に刻まれる大事件である。

丁度100年まえ「スペイン風邪」と称された新型インフルエンザが欧米で大流行したが、こちらは若い人が大勢の亡くなった。日本でも30万人がなくなったというから歴史に残る大惨事である。

その折の防疫対策もマスクの着用とソーシャルディスタンスを取ることであったらしい。

ホットニュースではコロナ対策としてファイザー社のワクチンが有望視され、来年6月頃から日本でも無償で接種が始まりそうだ。

感染を90%防げるとのコメントが事実なら全世界への朗報であり、マスク生活から解放されコロナ騒ぎは一段落する、それまでの辛抱ということになれば世界は元気を取り戻すだろう。

こんな現下でも「ぎをん齋藤」は昨年同様、今年も展示会を開催する。感染予防と経済活動の両立を図っての結論である。

日程は12月10日(木)11日(金)12日(土)の三日間、例年の「銀座かねまつホール」で開催する。

今年も感染に最大の注意を払いながら開く予定である。

是非ともご支援のほどをお願い申し上げます。