ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

コロナ禍の2020年6月5日(今後の記憶の為に)

非常事態宣言が解除されて一週間、マスクの着用はほぼ実行されて、日本の発症者は一日60人程度。

ソーシャルディスタンスという、人との距離を2m空けるルールも公共機関では概ね守られている。

飲み屋街の自粛は6月1日に解除されたが、まだ賑わうほど人は見かけない。

家賃を払って店を経営している人たちはどしているのだろう、他人事でも気にかかる。

私のよく行っていた店ではカウンターと女性たちが働く内側とはアクリル版を設置しての

コロナ対策をして営業しているらしい、所謂3密になりたくて飲みに行くのに客はマスク、

女性はアクリル越しでは洒落にもならない。

大型店は入場制限をして検温とアルコール消毒を実施しての入店となっている。

TVや会社の働き方はオンラインが中心となって新しい通信機器業界が盛況だ。

それにしてもアジアの国々の死者数は欧米に比べると二桁違っているのは不思議だ。

ミャンマーなどは今日現在で死者は「0」と言うのは、どう言うことだろう?

医療体制が脆弱そうに見えるのだが?。

数年前車椅子をミャンマーの病院へ寄贈するために彼の地を訪れたが、古いロシヤ製の手術台が最新機器として鎮座していたのを思い出す。

私の主治医の意見によると東アジアの人種は過去の歴史でコロナに類似したウイルスに感染してきた記憶が遺伝子に組み込まれているから欧米のアーリア系人種よりも耐性があるとのこと、本当だろうか?

いずれその答えは出るであろう。

現在南米、インドあたりが感染の中心になっているが、死者、患者数が一番多いのは米国である。

各国とも新規感染者が多く発生するにもかかわらず経済優先の開放を計っている。

感染の第二波、第三波を警戒しつつも用心深く人々は動き始めた。