店主ブログ

店主のこだわり

ネット世界の限界

最近、インターネットに対して明るい未来を想像できない。これは私の「勘」で何の確証もない漠然としたイメージである。

 

インターネットサービスが始まった時代には素晴らしい可能性、バラ色の未来が溢れていた。世界中の人に簡単に手紙が送れ、世界中の物がすぐに手に入る。まさに流通革命であり通信革命である。

 

 

しかし最近はどうだろう、ウイルス、サイバー攻撃、フェイクニュース、出会い系サイト、薬物の通販など悪用が目につく。

 

手軽にコストを掛けずに情報発信できる自由が無責任に乱用されている。薔薇色に見えたネット世界が泥沼化した。これも人間の性のなせるものとすれば清濁をさらけ出した様相は人の地金がむき出しなったような世界である。

 

一昔前は見たくないものは見ないで済んだが、ネットが一般化したせいで見たくないものまで見せられてしまう。特に精神的に未熟な子供達に強い刺激を与えて良いとは思えない。

 

一方ネットに規制をかければ言論、表現の自由の侵害となってこれも問題である。

 

要するに世相は以前とは格段にシビアでストレスの多い局面を迎えている。美しい音楽や美術品を観て心を癒す必要が高まって当然だ。

 

 

>>お問い合わせはコチラ