ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤貞一郎
『ぎをん齋藤』の主人

齋藤貞一郎

ぎをん齋藤のきものや帯のお品物をご紹介する中で、
物づくりのこだわりを綴っております。
定番商品の御所解をはじめ、齋藤織物の袋帯をご紹介したり、
また、きものと帯のコーディネートを更新して参ります。

未来

仕事も健康も未来は予測不可能である。その場面、場面で最良の判断をするしかないが、未来を予測して準備しておく必要はあり、足元ばかり見ていると世の中の進む方向を見失う。

 

 

予測が的中するか、しないかは運しだいというのが凡そ70年生きてきた私の結論である。

 

私の場合、若い頃は7代目として、何とか無事に暖簾を守っていくのが希望であり夢でもあった。そのためには「攻撃こそ最大の防御」の教訓から事業の拡大を夢見たこともあった。

 

しかし社会の流れや需要の変化、自分の性向を考えると質の向上、維持こそが生きる道だと確信してからは物作りと掘り下げ、製造現場への執着を心がけた。

 

健康面では元来病弱であったため、健康診断を欠かさず、無理をしないことを念頭に騙し騙し生きてきたような気がする。しかし55歳で白血病を患い、再起は不可能と思ったが奇跡的に回復し、かつてない健康を得たが67歳で咽頭癌を患い現在に至っている。

 

一方、仕事面では予測は的中し、予想以上の成果を上げることができた。後は後継者に徐々にバトンタッチしたいと考えている。

 

人生は不思議なものである、二度チャンスがあるなら二度目はしくじらない自信はあるが、たった一度キリの人生という事実が人を惑わし、悩まし、決断させるのである。

 

私も道を踏み外し迷路に迷うこともあったが振り返って自己採点すれば80点の及第点を付けてもいいと思っている。それもひとえにに妻のお陰である。