店主ブログ

店主のこだわり

消費者のニーズは変化する

きもの需要は全体として減少しているが、種類別のニーズも変化している。

 

一昔前、呉服業界がブライダル産業の一端であった時代は礼服中心であったが、ブライダル環境の変化に伴ってセミフォーマルが中心となり、今やカジュアルが一番好まれている。

 

 

今回の展示会の結果を見てもカジュアルっぽいものが好まれフォーマル的な訪問着が敬遠される結果が出た。きものを着用するシーンが格式張った場所から気楽にきものを楽しめる場所へと変化していると考えられる。

 

作り手としては出来るだけお客様の希望を忖度して、きものや帯を作っていくのはビジネスとしては当り前だが、これだけは譲れないという範囲がある。例えばアニメのキャラクターや野暮なモチーフはお断りしている。

 

今、私の頭の中にあるのは洋花をモチーフにモダンな色やぼかしと組み合わせた付下げきものである。今一つ売れ行きのよくない「ソワレ」シリーズをより着易いものに変化させ、和洋を取り混ぜたものにしたいと思っている。

 

帯は定番の「御所解」や織物の「透し織」などと組み合わせるのも一興ではないか。こういう事を考えているのが私にとって一番楽しい時間である。

 

 

 

>>お問い合わせはコチラ