ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

熱い血

池波正太郎の時代小説に「杉 虎之助」を主人公とする文庫本がある。

彼の文章は軽妙でしかも読みやすいので気楽に読むにはうってつけの作家である。

この「杉 虎之助」は幕末に幕臣として動乱期を生き昭和の時代まで生き続けた実在の人物らしい。

作者はこの「杉 虎之助」に実際に会い当時の様子を小説として書き上げたらしい。

特にストーリーとして面白いのは、杉は幕臣でありながら薩摩藩士として有名な「人斬り半次郎」と呼ばれ

中村半次郎と馬が合い、挙げ句の果てに西南戦争を見届けるために薩摩藩に潜入して西郷隆盛と知古を得る。

やがて西郷の人柄に惚れ込んで彼が総攻撃で戦死する直前まで西郷と凌ぎを共にする。

その「杉」が池波に西郷隆盛の人物の大きさ、実直さを訥々と語るのである。

「あの頃は皆んなの血が熱かった、大正、昭和と平和になり平和になって、その血が冷たくなった」と語る。

私はこの件を読んで「辻ヶ花」を生んだ室町から桃山時代のことをフッと思った。

そうかやはり時代によって人の血が滾る様な時代の人が物を作ると魅力ある物ができるのだと。