ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

病と闘いながら物作りをする

病の苦しさを抱えて物作りに励む自分は、よく頑張っていると思いながらも滑稽になってしまう。

たがが帯やきものを創案し作ることが、そんなに大層な話ではなく、ただ、私が今まで見たこともない美しいものが作りたいという願望を遂行しているだけのことである。

大学を卒業し稼業に就いたときは会社を自分の代で潰すわけにはいかないと決心してスタートした。

家内や社員の協力でここまでやれるとは思っていなかったが、

日本で一番有名な呉服屋になったのは間違いない。

規模で比較すると大きい会社は沢山あるが、規模の大きさは意味がない、

中身が充実しているかが勝負である。

生糸の生産から帯や着物の仕立てまで改善すべきところはまだまだあるが、

私の年齢からするとやれることは僅かである。

繭の品質管理、染料の技術改良、職人の育成保護、中古市場の確立、織物をしながら育児する託児所など工芸美術品としての「帯やきもの」を社会に定着させるに必要な改善点は数多くあるが手つかずである。

「伝統」という居心地の良い椅子と消費者の無知識の上に長くあぐらをかきつづけた呉服業界の怠慢が今日の衰退の原因だ。

ポリエステル製のアロハシャツのようなナンチャッテ着物が「和服」と呼ばれないよう次代を担う人達は頑張ってほしい。