ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

第70回記念展示会

自分でも信じられない歳、71才。

思い起こせば一年間の浪人生活を経て慶應義塾大学へ合格、初めての一人暮らしへの期待と不安を抱えて東京駅に降りたって50年、半世紀が過ぎた。

55歳で白血病に罹患し、急死に一生を得たのも、ついこの間のようだ。そして69才を迎える前日は京都KBS放送のラジオ番組に出演して「布の道標」展のインタビューに答えていたから記憶は鮮明である。

そして今年の9月29日から第70回記念展示会の開催である。

この会は70年間ぎをんの店で開催されてきた。

 

ただ50回記念は例外として「一力茶屋」を3日間借り切って開催し 300名近い来客とイタリア、「リチャード ジノリ」で作らせた別注品カップ、ソーサーの記念品が好評で今でも語り草になっている。

本当にあっという間の50年であるが、それが人生というものであろう。

「ぎをん齋藤」は今年で創業176年になる。

京都ではそう珍しい事ではないが、先祖も幕末、日清、日露の戦争を経て最大の危機、第二次世界大戦を乗り越えて現在に至っている。

その先祖の血と看板を背負って今日を生きていると思えば何か荘厳な気持ちにもなる。

毎日仏壇に手を合わせる時にはご先祖に「私の働きはこんなもんで良かったでしょうか?」と問い掛けるのが日課である。