ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

薄物の会 銀座かねまつホール

真夏のような日が続くが、まだ5月、「五月晴れ」から連想する気候より一ヶ月以上は先取りした暑さである。

そんな天候の中で薄物の会を銀座かねまつホールで

5月24日(金)25日(土)の両日に開催する。

この会の責任者は若手社員の田中君である。

案内状の作成から集客、会場のディスプレーから会後の反省会の主催まで責任持って実行しなければならない。

少しづつ経験を積んで立派な指導者になって欲しいものである。

我々の業界は大きな曲がり角に差し掛かっていると言える。

伝統芸道全体の衰退が 叫ばれている今、きものは変身願望の手軽なアイテムとしてレンタルきものの分野で普及したが染織の技術は問われなくなった。

こんな現状にした半分の責任は我々、供給者の不透明な価格設定にあり、半分は消費者の本物志向の低下にあると感じている。

さらに中古品を簡単にネットから入手できるという環境も流れを助長する側面がある。

そんな中でも「ぎをん齋藤」は孤軍奮闘している。

それは老舗としての矜持と伝統の継承者としての責任感が我々を衝き動かすのである。