ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

風が吹けば桶屋が儲かる

この古い諺をご存知だろうか?

辞書によると「風が吹くと土ぼこりがたち、それが目に入ることで盲人が増える。盲人は三味線で生計を立てようとするので三味線の需要が増える。三味線には猫の皮が張られることで猫が減る。猫が減るとねずみが増えて、ねずみにかじられる桶が増えることから、桶を売る桶屋が儲かって喜ぶ。」と言うわけである。

笑い話のようだがよく真実を伝えていると感心している。

このたびのコロナウイルス禍では20世期初頭の「大恐慌」以来の経済の落ち込みと政府は喧伝している。

確かに未曾有のインバウンド隆盛期に突然コロナ問題が発生したのだから、インバウンドを当てにした投資は完全に当て外れで宿泊施設は完成した途端、開店休業状態のホテルが我が新門前通りにもある。

あの金持ちで有名なトヨタ銀行と揶揄されるトヨタ自動車でも銀行に一兆円の融資枠を要請したくらいだから尋常では無い。

これから多くの会社のコロナ倒産の発生が予想されるが、中にはこの時期に大きな利益が転がり込む企業もきっとある、勿論、大勢の罹患者が亡くなっている時に口が裂けても「儲かっている」とは言えないだろうが!意外な会社が「桶屋」にちがいない。

今流行りの「テレワーク」関連の会社などは「桶屋」の代表だろうが食品関係などもその中に入ると見込まれる。

だが我々アート系の産業は、災害や経済危機には残念だが弱い。

平和であって初めて成り立つ仕事である。

この騒ぎが一段落するまで維持できるかどうかは会社の体力勝負になると思われるが、「ぎをん齋藤」は幕末動乱、日清、日露戦争、第二次世界大戦、リーマンショック、と耐えてきたのだからきっと乗り越えられると信じている。