ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 1月の着物と帯コーディネート 齋藤康二

1月の着物と帯
コーディネート 齋藤康二

綸子金茶地松竹梅訪問着

こちらの生地は五枚朱子という綸子の一種。 表面には光沢があり、金茶色で染めると艶が出て高尚な趣となる。 縦方向にまっすぐ伸びた松竹梅は草色から水色、ピンクまで 色鮮やかに表現され、このはっきりとした色調が力強さを表し、 生命力を体現している。

490,000円

瑠璃色地金唐革菊桐唐草文袋帯

地色はめずらしい瑠璃色、そこに金唐革の菊と桐が大胆に 配置された、高尚でしゃれた袋帯。 その菊と桐は存在感を示すように中心に鎮座し、金唐革の光沢と 相まって、大げさともいえるほど華やかでおおらかな表情をしている。

お問い合わせ下さい

  • 1月の着物と帯コーディネート 齋藤康二
  • 1月の着物と帯コーディネート 齋藤康二
  • 1月の着物と帯コーディネート 齋藤康二
  • 1月の着物と帯コーディネート 齋藤康二