ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 8月の着物と帯コーディネート 店主

8月の着物と帯
コーディネート 店主

黒地駒絽菱取に摺疋田

この時期の黒地はとても粋な着こなしです。 柄はシンプルに菱取の茶色摺疋田、ポイントには銀のこまが 程よく括られており、まとまりある中にも銀の刺繍が 豪華さをアレンジしています。 ほぼ、無地感覚の着物ですが格調ある黒を主体に、 付下取に柄が散りばめられた粋でおしゃれなお召し物となっています。

売約済み

抹茶色長絹鳳凰唐草紋

この夏袋帯は今年できたばかりの新しい夏のアイテム。 長絹とは能装束の単衣や絽に使われる生地のこと、鎌倉時代から 衣装として用いられてきた織の技術で、装束では白に限らず萌黄や 紅色に金糸で文様を織りだした直垂などに用いられた格式ある生地。 その技法で織り上げたこの帯はしっかりと組んだ織に金糸で鳳凰を 表し、品あるものに仕上げました。

お問い合わせください

  • 8月の着物と帯コーディネート 店主
  • 8月の着物と帯コーディネート 店主
  • 8月の着物と帯コーディネート 店主
  • 8月の着物と帯コーディネート 店主