ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 1月の着物と帯コーディネート 宮林渉

1月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

駒無地 訪問着 梅樹

生地は駒無地。艶感のある素材です。地色の雰囲気で変化したり、お顔映りも人それぞれですが、地味になり過ぎず良い発色をする駒無地を使用。 ぼかしに大きな取り方を採用したのも特徴の一つ。 梅の枝ぶりは、しっかり勢いをつけてますが、トータルのバランスはぼかしの影響でやわらかい印象に仕上がっている事と存じます。

¥490,000‐

袋帯 すくい市松に宝

より細い経糸を使用し仕上げている為に軽くしなやかな仕上がりの市松織に染加工によって金彩と金駒で仕上げた宝尽くし。 織物に染物の加工を施した袋帯となります。 着物に動きを感じる調子に市松帯を合わせると安定感が出てトータルバランスのとれたコーディネートとなる事でしょう。

お問合せ下さい

  • 1月の着物と帯コーディネート 宮林渉

お太鼓のイメージ

  • 1月の着物と帯コーディネート 宮林渉

袋帯のお腹の調子

  • 1月の着物と帯コーディネート 宮林渉

裾廻りのぼかしの調子