ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

京都の夏、祇園祭りのはじまり

いよいよ鉾立も終わり祇園祭りの始まりです。

正確には7月1日からすでに始まっていますが、やはり鉾が立たないと

はじまりませんね。京都では梅雨は祇園祭りまでといいますが、毎年

ぴったりとその時が来れば梅雨明けということになっています。

誰かが操作しているかのように、、、

そして実は祇園祭りの始まりは雨乞いのためだったそうです。

お祭りは数年前から2回行うようになり、後祭りも賑わうようになってきましたが、

やはりはじめと後ではどこか活気がちがう気がします。

そして”あとの祭り”という言葉の由来はこの祇園祭りの後祭りからきたそうです。

(タクシーの運転手さん情報です、京都のタクシー運転手はみんさんお話し好きで、

ためになるお話しをたくさんしてくれます!勉強になります!)

みなさん、後の祭りにならないようぜひ京都まで足を運んで初夏の京都、

祇園祭りを堪能してください!もう梅雨明けです!

 

さて今回は夏の染帯

縦絽 白地 御所解 撫子蝶

白地はさわやかで、きものにも相性のいい帯です。

これは鮮やかな紫の濃淡で配色されています。

 

 

ぎをん齋藤の染帯

今回は真夏以外の単衣の時期に絞めていただける染帯です!

真夏以外?と聞くとえ?という方も多いと思いますが、生紬という生地は

盛夏には少し厚手で、袷にしてはやや物足りない、特別な生地といっていいでしょう。

独特の風合いと、しっとりとした感触は単衣のお着物にはぴったりのものです!

この染帯は先程仕上がりました生紬の生地に菊と柴垣。

地色はきれいな水色で、色とりどりの菊があしらってあります。

生紬の風合いと菊と白抜きの柴垣、それに葉には金の絣をあしらった

秋単衣にはぴったりの贅沢な逸品です。

今回は夏物のご紹介です。

今回は盛夏、7、8月にお召し頂く夏物をご紹介!

着物は駒絽、市松に蝶と疋田の付下。

それに合わせる帯は藤色の御所解、虫籠、染帯です。

 

このように着物の地色は涼しげな水色、それに合わす帯は少ししっかりした色目の

季節感ある染帯をもってくるとより夏らしい、爽やかな装いとなります。

どうぞ白地のさっぱりした帯締めと、絞りの帯揚げを合わせてみてください。