ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

御礼

12月10日、東京は銀座での陳列会を終え、息つく暇もなく片付けをし夜遅くに帰京した。

三日間の会はこの情勢下連日ともに盛況、会場は活気ある空気に包まれスタッフも

額に汗を滲ませながら動き回っていた印象が強く残っている。

これも偏にぎをん齋藤を常日頃ご贔屓いただき、そして楽しみにご来場くださる皆様の

ご厚意のお陰と深く感謝をし、社員一同心よりお礼を申し上げます。

今年はこの会で終わりとなりますが、来年度はまた3月から東京を皮切りに「季節の陳列会」

を京都でも開催いたしますので、引き続きお楽しみにお待ちいただけましたら幸いに存じます。

これから冬本番、ご自愛ください。

 

 

 

 

 

がんばれニッポン!

今朝のニュースで日本があの強豪チームスペインに勝利したのを知った!

なんと、世界トップクラスのチームにヨーロッパのお家芸であるサッカーで日本が勝つなんて

素人の私でも興奮する朗報、スペインに7-0で負けたコスタリカに負けた時点でワールドカップの

怖さを大勢のファンが痛感していた矢先の出来事、余計に感動した勝利だったのではないだろうか。

本当に奇跡、としか言いようがない。

勢いづいたニッポン、どこまでいけるかまた楽しみである。

しかし今は世界中のどんなことでも即座に情報が手に入る時代、

我々もこの時代の流れにしっかりと乗っていかないと取り残される恐怖感はある。

そこで遅ればせながらやっと始めたインスタグラム、おぼつかない手で何とか継続し

皆さんのお陰でようやくフォロワー数も増え始めた。

ありがたく思うと同時にこの加速する世界についていくのが必至である。

 

Instagram:gionsaito_official

 

 

 

 

辻が花のその後

先日、ようやく墨描きが入り期待していた通り満足のいく出来栄えとなった。

ご覧のように絞りたての時は真っ白で色気もなく間の抜けた物足りない感じであるが、

繊細な筆のタッチで墨を入れ、花びらの輪郭や表情、虫食いなどを表現していくと

突然華やかさが増し、豪華絢爛たる桃山文化が再現されたと自負している。

ここまでくるのに約半年以上かかった。

写真なのでその魅力を伝えきれないのは残念だが、生地の質感から染め上がり、

色調と絞りの緻密さ、また柄の再現性などすべてが”桃山”そのものである!

ぜひ、実際のものを目の前でご覧いただきたいと思っている。