ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

6月から祇園街もスタート!

前回、静寂な祇園新橋の風景をご紹介しました、それからようやく京都のコロナ騒動も

落ち着きを見せ始め、はれて昨日6月1日から祇園街も再始動しました!

思い起こせば、4月初旬コロナ感染がピークの時期より前から自粛に入り、

街は灯を消したかのように、ひっそりと静まりかえっていた。

あまりの変容に恐怖さえ感じたことを覚えています。

毎日毎夜、人がせわしなく行きかい、髪をていねいに結い上げ、きものを着こなした

粋な婦人や花街の方々がどこに向かっているのか、颯爽とネオン、祇園のなかに

消えていくあの風景が突如としてなくなり、からっぽになった4月、5月。

ようやく、今普段の生活に戻りつつある中、祇園も飲食店からお茶屋さんまで、

少しずつではあるが、また微かな火を灯し始めました。

さきほども、あるお茶屋さんにきものを届けにいくと、

お母さんが ″ちょっとみとおくれやす、うちとこもコロナ対策してますえ″ と、

いつものカウンターを見せてくれた。

するとテーブルの上には、端から端まできっちりとアクリル板が置いてあり、

お客様との接触はアクリル板の下に開いている窓口からするという、

″銀行みたいどっしゃろ、とからかわれましたわ笑″ とおっしゃっていましたが、

そこはさすがセンスあるお方、全然違和感なく、すっきりとしたカウンターに品の良い、

曇りひとつないアクリル板が、鎮座していた。

アクリルもここまで品よく、磨き上げるといいもんだな、と心から感心しました。

と同時に、祇園、花街の対応の速さ、また抵抗なく生き残るために、

しっかりと新しいものをすぐに取り入れる順応に力強さを実感した。

 

ぎをん齋藤は建具を入れ替え、夏にむけて準備万端!

 

 

 

 

 

 

 

 

齋藤織物の世界へ

齋藤織物とは

西陣織、手織りの職人による帯の制作会社。

すべてジャガードによる手織りにこだわり、能装束や時代裂など

様々な古裂の文様を染から組織まで研究を重ね、帯として再現する会社。

その文様に隠された時代背景や、文化、時の流れすべての情報を

帯に織り込み、再現、再生される袋帯は唯一無二のものとなって、

皆様のお手元にお届けしています。

単なる着物に締める【帯】ではない、その織の中には様々な文化の変革、時代と共に

培われた技術、デザインが色濃く表現された、まさに【織の道標みちしるべ】

その奥深い風合いと洗練された表情をぜひ皆様にも紐解いていただきたい。

 

 

6月のご紹介

いつもホームページに連載してます【着物と帯】をご覧いただき、

誠にありがとうございます。

毎月、その季節や個人的にご紹介したいものをあらこれと

組み合わせて、ぎをん齋藤らしいコーディネートで皆様に

おととどけしています。今回は6月ということで、季節感のある

【単衣】をご紹介いたします。

単衣、といえばはやり【杜若】が一番最初に思い浮かぶのではないでしょうか。

水辺に群生し、流水に八ツ橋といった道具を入れて琳派では有名な

モチーフとしてよく目にしますね。

今回もそれにちなんで、単衣といえばやはり杜若!ということです。

生成りの地色、琳派調に描かれた杜若と柳、その裾には流水と八ツ橋の訪問着。

それに合す帯は【生成り鳥襷袋帯】、オナガドリのモチーフを正逆に配置し、

中心には金糸の花菱があります。

有職文様の代表的な柄として、唐織などにはよく出てくる、格のある袋帯です。

どうぞその魅力をご堪能ください。