ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

田中創造

田中創造

  • 月を選択

京都・祇園の老舗呉服店『ぎをん齋藤』で、営業・制作に携わっております。古典に学び現代に活きる、オリジナルきもの・帯の創作舞台裏をお届けします。
~お問合せ~
ぎをん齋藤 田中 創造(たなか そうぞう)
☎ 075-561-1207 または 090-8880-1894(直通)
✉ gionsaito-tanaka@outlook.com

雪の日のご来店

 

本日は強い寒気の影響で全国的に雪のところが多いようですね。

京都市内も一時的に強く吹雪くような時間帯もあり、不安定な天気です。

写真では分かりづらいですが、弊店の中庭も雪景色に。

これからもう少しすると、ご予約のお客様が来店されます。

こんな天気でも足をお運びいただけることに感謝、感謝です。どうぞお気をつけてお越し下さい。

 

ちなみに我が家では梅の小木が春の訪れを告げようとしています。

蕾が膨らみ、生命力が漲るようです。

暦の上では春はすぐそこ、枯れ木のように見える植物たちも着々と準備を進めているようです。

田中も東京出張への準備を進めます!

 

 

京・ぎをん齋藤
田中 創造(たなか そうぞう)

gionsaito-tanaka@outlook.com

〒605-0088 京都市東山区新門前西之町200
TEL:090-8880-1894 (個人)075-561-1207(店)

貝桶

そろそろ1月も終わり、ということで来月の「着物と帯」コーディネートを考えていましたら。

何だか無性に貝桶が心に引っ掛かりましたのでアップしてみます。

お目出度い文様ですので季節は問いませんが、これからの時季が一番しっくり来るタイミングかも知れませんね。

今年は5月に改元を控え、全国にお祝いムードが広がっているようにも思います。

受験生のお子様がいらっしゃるご家庭では今がまさに正念場でもありましょうが、いろいろなことがうまく運んで笑顔でお祝いを迎えられる春になると良いですね。

この時期ほんとうに春が待ち遠しいです(>_<)

平成を振り返りながらそんなことを感じている田中です。

こんなものも見つけてしまいました…商売お上手です(笑)

東京へ…

皆さま、今週もお疲れ様でした。

インフルエンザはニュースにもなっていますが、風邪が流行しております。くれぐれもお気をつけくださいね。

ただいま『ぎをん齋藤』では、主人肝いりの「摺箔」シリーズをはじめ、3月からの陳列会シーズンを前に着々とものづくりを進めております。

3月14日~16日に予定している六本木・武原展を皮切りに、全国のお客様に弊店オリジナルの着物・帯の最新作をお届けに参ります!

その前に、東京方面のお客様に向けてご挨拶も兼ねた出張を計画中です。

今月末か来月頭あたりが有力ですが、せっかくなので色々な方にお会いできればと思っていますので、お近くの皆さまは是非お声がけください(^^)/

詳細が決まりましたらお知らせ致します!