ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤織物 株式会社

齋藤織物 株式会社

  • 月を選択

ぎをん齋藤で販売する帯の製造を行っております。
織の知識や織り手の日々を発信していきます。
~お問い合わせ~ 齋藤織物株式会社 
電話075-493-4445
E-mail saito-orimono@pd6.so-net.ne.jp
Instagram @saito_orimono (https://www.instagram.com/saito_orimono/)

漆糸色々。

漆糸も使っています。

金銀箔の代わりにそれぞれの色の漆を塗り、金粉を蒔いて砂子にしてあります。

金糸に比べると少しマットな質感で、漆ならではのぬめりとコシのある手触りです。
砂子の表情もさまざまです。

 

砂子のない無地の漆糸も。
定番の黒。こちらは艶があります。

 

ボコボコしたハート糸。かなり個性的ですね。

 

漆糸は視覚的に重みがあるため、薄めの織物と合わせると落ち着いた雰囲気がでます。

メインの絵緯としても、地の部分に隠し味として仕込んでも、良い味わいになります。

 

日々向上

一日に織る長さは、機の調子、織るための時間、職人の体力などに左右されますが、

同じ条件でも熟練の職人さんは無地をさらっと織りあげます。

 

織る姿を見ていても

せかせかしている様子はなく、むしろ歩いているような自然さ。

そこが重要なのかもしれません。

 

早く仕上げようとせかせかと

力を入れすぎるよりも、余分な力は抜いて、

一定の拍子で、自分に馴染む速度を安定して続けることがコツなのかも

↑裏無地用の緯糸

お手本が身近にいるありがたさを、存分に活かして、

日々技術の向上に努めたいものです。

 

無駄な力を抜いて、自然体で。

長く長く織続けるために、

自分と機にとって最適な拍子が身体に馴染むように、

まず意識して調整、ゆくゆくは無意識にできるように。

宮地

 

配色

きのうの朝、アトリエの近くは雪が積もっていました。

きれいだったので通勤中に思わず写真を撮りました。

 

さて、先日はじめて唐織の配色をする機会がありました。

「観世水に小袖花」という、長い間 眠っていた柄です。

こちらが紋図です。右側の縦線が経糸の上がりを示しています。

紋図を見ながら配色していきます。

 

ついつい紋図の色につられてしまうので、白黒コピーに色をのせていきます。

今回の経糸は紅白の締切(しめきり)。絣の段模様です。

振袖に合わせたりするような 華やかな帯になる予定なので、きれい目の色を使っていきます。

自分はどちらかというと地味好みなので、派手な色をたくさん使うのは少し勇気がいります笑

 

織れた見本の一部がこちら。全体的に色数が多くてまとまりがないな~というのが個人的な印象でした。

朱色の上にのせると 糸の色の見え方が変わることも再認識しました。

まわりの方のご意見やご感想を聞き、なるほど~!と思いながら、もう少し練習が必要だなと思いました。

機会があればまた挑戦したいです。

 

これから少し色を変更して、まもの(本番)を織っていきます。

次の展示会に間に合いますように!

 

永井