ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤康二

齋藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。

◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齋藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

ぎをん齋藤の染帯

今回は真夏以外の単衣の時期に絞めていただける染帯です!

真夏以外?と聞くとえ?という方も多いと思いますが、生紬という生地は

盛夏には少し厚手で、袷にしてはやや物足りない、特別な生地といっていいでしょう。

独特の風合いと、しっとりとした感触は単衣のお着物にはぴったりのものです!

この染帯は先程仕上がりました生紬の生地に菊と柴垣。

地色はきれいな水色で、色とりどりの菊があしらってあります。

生紬の風合いと菊と白抜きの柴垣、それに葉には金の絣をあしらった

秋単衣にはぴったりの贅沢な逸品です。