齋藤織物 株式会社

「ぎをん齋藤」の七代目・貞一郎が
ディレクションする至高の織物の数々…。

「齋藤織物」の職人たちが
受けつがれた伝統の技術と独自の技法を駆使し、
唐織の糸のボリューム、古裂の復元、
機(はた)の仕掛けが複雑な三本紗、
素材や色が豊富なローランなど
様々な織物を日々、制作しております。

「西陣織の歴史の枠にとらわれず
現代の感性が際立つ独創の品々を。」

それが創業よりのものづくりの姿勢です。

会社概要

商号
齋藤織物 株式会社(西陣織工業組合 組合証紙番号2550)
起業
昭和51年(昭和54年 株式会社として法人化)
代表者
齋藤 貞一郎
所在地
〒603-8815 京都市北区西賀茂中川上町21番地
電話
075-493-4445(代)
FAX
075-493-4525
E-mail
saito-orimono@pd6.so-net.ne.jp
事業内容
唐織を主たる製品とし、一方で独自の新しい織り方を
使い、旧来の西陣にとらわれない製品作りへの挑戦や、
和の装いに映える多彩な素材を駆使した「中世裂」
名品美を極める「遼代裂」など、洒落モノから
フォーマルまで多彩な織物を手掛けている。

「ぎをん齋藤」や、京都の問屋様への注文品を主体と
してきましたが、最近ではお客様の要望に応じた製品
を一品生産し、卸売りの全国展開を目指しています。

法人

すべて1点よりご注文をお受けいたします。
お気軽にご相談ください。

Google map

Page top▲