ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

10月の着物と帯 松島輝明

10月に入り暑さも和らぎ、踊りの会や、展覧会があちこちで
催されます。
弊社も10月1日から5日まで展示会を催します。
さて着物は袷、帯は塩瀬、縮緬。襦袢は単衣襦袢にかわります。
朝夕に季節の移り変わり、お召し物も変わる十月です。

10月の着物と帯
コーディネート店主

いよいよ秋本番、朝夕も涼しくなり秋虫の声も聞こえてきました。
さて、京都もこれから銀杏や紅葉が黄色や紅色に色づき始め
華やかな街並みへと変化し着物もそれと同じく季節感あるものに
代わってきます。そんな季節にはこちらの秋草尽くしはいかがでしょうか。

10月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

わたくし宮林の10月の着物と帯は、附下と袋帯。
附下と袋帯という響きは、少し改まった印象を受けますが、
コンセプトは「小紋じゃ少し物足りない。でも仰々しいのは避けたい」という感覚の時にお使いいただきたいコーディネートとしてご紹介させていただきます。