ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤康二

齋藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。

◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齋藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

小紋菊絞りと染帯御所解扇面に桜

先日、カメラマンに撮影していただいたので(季節外れですが)早速載せます!

まず着物はクリーム色の菊絞り小紋、生地は菊唐草の綸子を使用し

菊絞りは派手すぎない朱色を使っています。

絞りも比較的小さめですので、控えめな着やすい着物となています。

 

染帯は水色の縮緬御所解名古屋帯になります。

春らしく色鮮やかで、扇面の朱色がきいた華やかな帯ですね。

この帯のメインは扇面ですが、桜ですので季節は春になります。

 

このようにもの作りが中心のぎをん齋藤では一品ごとに、制作まえの

生地の選別から地色、柄行き、友禅、刺繍、金彩など、多数の工程と

技法、配色などすべて決定してからもの作りに入っていきます。

そのため仕上がりには時間がかかりますが、工程ごとに職人と

相談し、仕上がりをイメージしながら最終の段階までしっかりと

すすめていきます。皆様に感動していただける、良質な染物、織物を

ご提案できるよう、よりいっそうもの作りに励んでまいります。