ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齋藤康二

齋藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。

◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齋藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

伝統工芸 ”刺繍”

ぎをん齋藤の”もの作り”において、すべての技術、技法は決して欠かすことの

できない貴重な文化財産というべきものです。

今回はその中でも主役級、立役者的な存在、”刺繍”についてのご紹介。

我々のもの作りにおいて絞り、友禅、金彩、など着物を彩る技法はたくさんあるが

それらすべての工程を終えて、最後に登場するのが”刺繍”、通称 ”縫い”です。

それは最後の要、一番大事なポイントに刺繍を施すことで柄全体に

重み、力を与え着物自体のを上げる効果につながる。

言い換えると最後のひと手間、スパイスのような役割でもある。

何より、着物全体が刺繍によって一層豪華絢爛に変身するまさに立役者。

これなしでは着物は語れないといっても過言ではありません。

 

これは慶長の貝を刺繍している写真ですが、菊、唐草、貝の輪郭といった

多種多様な柄をその柄行きに合った技法で刺繍している様子。

例えば、菊は割り縫い、唐草はまつい縫い、貝の輪郭は金駒縫いなど

その特徴を活かした技法を使うことで、刺繍の持っている魅力が柄と相まって

より効果的に表現され、技法、色目、柄などすべてが調和していくのである。

こちらは松の唐草文ですが、技法は菅縫いの一種、

生地の緯糸に沿って刺繍糸を渡していき、松の”くし”を金糸で

綴じていくことで、柄が完成する刺繍。

渡し縫いともいうが、桃山の刺繍にも使われている技法である。

このように、一見同じような刺繍に見えるが中身を紐解いていくと

いろいろな技法や糸の使い方があり、それらを体得した伝統工芸士、職人が

手間暇惜しまず針を刺していくからこそ、すばらしい作品が生まれるのである。