店主日誌 / 

OWNER / BLOG /

筆 : 齋藤 康二

今月の着物と帯でです。

生地はうわさのすずかぜ、きれいなクリーム色に染まっています。

柄は古典の辻が花で、仕上げ(墨描き)の繊細な描写がすばらしく

辻が花の魅力を最大限にに表現しています。

ポイント、上前、下前には色鮮やかな雲取りがあり、辻が花を

一層華やかに仕上げています。

そしてその辻が花に合わせる帯は、夏紬の生地で制作した夏の定番柄、”撫子蝶”。

生地の風合い、色目は紬のような感じもあり生成りの色目が一層古典を

強調していますね。友禅の配色は生地風にあわせやや地味目、古典色にふっています。

そしてポイントには銀こまで刺繍を施してあります。

 

このように涼しげですが、帯にはしっかりとした柄行きをもってくると

華やかなコーディネートになり、こちらは”ひとえ”としても違和感なく

お召しいただけるあわせとなっています。

筆 : 齋藤 康二