ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 1月の着物と帯コーディネート 田中創造

1月の着物と帯
コーディネート 田中創造

五枚朱子 訪問着
金茶地 松竹梅

年が明けるたびに「今年は良い年に…」と祈る行為を、どのくらい前から人は繰り返して来たのだろう、と考える時、一見時代遅れになってしまったかのような「松竹梅」の古典的なモチーフが、現代においてもある種の魅力を持ち続けていることに気づかされます。 本作はそのような寿ぎの思い、平安の願いを手描き友禅で表現した訪問着です。

490,000円

平安裂 袋帯
錆朱地 蝶鶴華文

合わせる帯は、その名の通り平安時代の染織品を本歌とした「平安裂」袋帯。現在も宮島の厳島神社に同柄の半臂裂が伝わる緻密な織物です。向かい鶴や唐花文、連珠文などをさらに蝶文が取り囲むようにして全体の繋がりを構成するユニークなデザイン。丸文が柔らかく重なり合った文様は、天地人の和を尊ぶ日本古来の精神性が表現されているようです。

お問合せ下さい

  • 1月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 1月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 1月の着物と帯コーディネート 田中創造
  • 1月の着物と帯コーディネート 田中創造