ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

ブログ

齊藤康二

齊藤康二

  • 月を選択

京都東山の祇園一角に店を構えて170年余り、
呉服の専門店として自社で制作した独自の
染物・織物をこの弊店で販売しています。
ぎをん齋藤の日常からこだわりの”もの作り”まで、
弊社の魅力を余すことなくお伝えしていきます。
皆様からのお問い合わせ、ご質問などお待ちしております。
◆お問い合わせ
ぎをん齋藤 齊藤康二
TEL:075-561-1207
(Mail) gion.saitokoji0517@gmail.com

神業!

今、特に金彩に拘っている。

とりわけその金彩の仕事ぶりは見事で、気品漂う雰囲気があり見る者を

吸い寄せる魅力を放っているのである。

大げさと言う方もいるかもしれない、しかし一見すればその違いは

一目瞭然というやつである。

また、今回の訪問着は新しい生地、「光悦」を使った、この生地の特徴は

表面に絣のような表情があり、風合いはしっとりとしながら程よいはりもある

すばらしい生地で、染め上がりも色の艶がなんとも言えない魅力的な色調を出す。

これに今回は桃山の「蒔絵」を再現した。

地色は朱茶、顔料で菊や桐、紅葉の朱を基調に表現し、あとはそのすばらしい

金彩で蒔絵を表現している。

兎にも角にもみていただきたい、この素晴らしい蒔絵の再現を。

写真の都合で少し青く写っているが、地色はきれいな朱茶である。

特に今回の東京六本木ではこれらの金彩を一挙お披露目させていただく。

ぜひ、日本の伝統技法を堪能してください。

 

 

 

扇面流図屏風の染帯

扇絵を屏風に貼って小画面を嗜む趣向は室町からと言われている。

本図のような構成は「宗達派」の作品が主に知られているところだが、

この画風は琳派とは異なる点があり、大きく表現された橋やその王朝風人物は

十七世紀初頭、江戸の風俗画によく登場する扇面画といえる。

また、雲や松、各扇面に施されているのは平安時代中期から伝わる金箔、切箔、砂子といった

「金彩」の技法が多様され、優美な情趣を一層引き立てたすばらしい作品である。

 

<六曲一隻 紙本金地 十七世紀初頭>

 

今回はこのすばらしい屏風を精好(せいごう)という張り、艶のある上品な生地で染帯に仕上げた。

<精好濃紺地扇絵染帯>

いかがでしょうか、この生地特有の艶のある染上がり。

扇面には雲、松、橋、そして王朝人物と当時の扇絵らしい表情を色濃く伝えられたと自負する。

今回の「テーマ」は平安時代から始まり、桃山文化でその魅力が開花した「金彩」、

特に室町・桃山から江戸初期にわたりその技法や表現力は代表となる摺箔、

そして切箔、砂子、金銀箔など、多種多様な表現で刺繍にはない煌びやかな世界を作り出している。

江戸の風俗画を主に「金彩」であしらったこの染帯、

どうぞ一度ご覧ください。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

明けましておめでとうございます。

 

2024年辰年が始まりました、何より年始早々大地震に見舞われた能登半島周辺の方々、

この寒さの中大変な思いをされていると簡単には想像し難い苦しい状況だと思います。

また、被害にあわれて亡くなられた方々、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

年始のご挨拶をするにはあまりにも残酷なニュースばかり飛び込んでくるので、

悲痛な思いしかありませんが、自然災害の恐ろしさを目の当たりにすると

昨日までの幸せさえも消えてしまうほど、我々は弱いものなんだとまた改めて痛感します。

戦争被害で亡くなれた方々、自然災害で亡くなれた方々、どれも同じではないが亡くなられた当事者からすると、

思いもよらない昨日までは全く考えもしなかった出来事であり、この世の恐ろしいものによって

自分の命が火を消すように奪われる、この突然現れる死というものの怖さを我々は身近な恐怖として

もっとしっかり捉えていなければならないとつくづく実感する。

そして全て”犠牲”という曖昧な言葉で表現される説明し難いこの突然の死というもの、その奪われた尊い命を無駄に

しないよう日本はもとより地球全体で「命の尊厳」といものを熟慮し、我々世界の将来を救う議論を交わしてほしい。

国連と一部の国が躍起になっている地球温暖化も問題だが、他で人的な戦争被害によって何百人という犠牲者が

出ているこの事実には頓着しないのか?何百年もあとのことを心配するよりこちらのほうが余程危機的問題である。