ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

  • 4月の着物と帯コーディネート 大城 大

4月の着物と帯
コーディネート 大城 大

風華 付下 エ霞に葵

風華の独特なシャリのある素材感は、やわらかもんでありながら、どこか野趣な雰囲気を演出してくれます。 金の砂子で描いた霞も相まって、葵の吉祥感も高まりそうなものですが、ちょっとしたお出掛けにもお洒落にお召しいただける着物となっています。 「葵」の草冠を除いた「癸」という字は、太陽の方向を向く植物であることを表現しているそうです。 このお着物を通して、気持ちも明るく上を向いてもらえれば嬉しいです。

380,000円

塩瀬帯 紺地 松皮取り摺箔

どんな帯をあわせようかちょっと悩みましたが、今回はクールなイメージ先行でいきます。 お着物の葵柄が、角のない丸いモチーフなので、帯にはあえてシャープさの際立つ摺り箔をチョイス。 紺の地色は着物地色との濃淡で、関東風コーデ。 帯揚げや帯締めに少しだけ息抜きの白地&臙脂色とか差し色をのぞかせたくなるのは…大城のクセです笑。

270,000円

  • 4月の着物と帯コーディネート 大城 大
  • 4月の着物と帯コーディネート 大城 大
  • 4月の着物と帯コーディネート 大城 大
  • 4月の着物と帯コーディネート 大城 大