ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

三月の着物と帯 松島輝明

弥生
草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月」がつまって「やよひ」

今月の着物と帯はおちついた色目の着尺に、
白地の染帯、道長を合わせました。
三月とはいえ肌寒い日もございます、せめてお着物は
少し暖かめのお色で合わせてみました。

3月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

今月のコーディネートは帯を主役にこの時期ならではの構成でご提案。
菊唐草の生地に絞りで桜を散らし、唐織袋帯は枝垂れ桜と桜尽くしを演出致しました。
着物と帯、ともに透明感のある地色に着物は効かしの色目で絞りの花を散らしました。花の中には細かく桜を入れ細かい演出もしっかり施しました。

3月の着物と帯 齋藤康二

いよいよ春本番!
気候も段々と暖かくなり、陽気な日々を迎えています。
さて”春”は生命の再生期、新しい息吹を感じ、そしてその
エネルギーをいただいて我々もリフレッシュしましょう!
今月の着物と帯はそんな春らしい爽やかな装いを
コーディネートしました。

3月の着物と帯
コーディネート 田中創造

新門前通り界隈では立雛やハマグリの屏風を見かける季節となりました。
着物は季節先取りですので、次の桜の時季を見越して、山桜の着物をご紹介します!