ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

3月の着物と帯 齋藤康二

ようやく寒さも和らいできましたが、
時節柄、なにかと騒がしい世の中です。
一日も早く、全世界に平穏な日々が戻ることを
心から祈っております。

春の訪れと共に色鮮やかで、軽やかな着物と
帯のご紹介です。
若葉のような鶸色の蝶柄小紋と鮮やかな色調の
御所解染帯、二つを合わせることで色彩豊かな
組み合わせとなります。

3月の着物と帯 松島輝明

【弥生】
弥生の「弥」は「いよいよ」、「生」は「生い茂る」を示し
「木草弥や生ひ月」{きくさやよいつき}が縮まって
「弥生」となった節が有力視されているとあります。

今月の着物と帯は
結城紬に染帯、牡丹をあしらった花筏を合わせました。

3月の着物と帯
コーディネート 大城 大

3月は節目の季節。今回は3月を暮らしの転機になる季節と見て、縁起物を意識したコーディネートをご用意しました。墨書きの御所解訪問着に、遼代金襴の袋帯。華美に過ぎない、落ち着いたフォーマルな装いを解説し申し上げます。