ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

12月の着物と帯
コーディネート 大城 大

いつの間にやら12月。
今年ほどイレギュラーが多かった一年というのも皆様なかったのでは。
そんな年の瀬だからこそ、「やっぱりこれね」と言っていただける
ぎをん齋藤定番の訪問着+袋帯をご紹介したいと思います。

12月の着物と帯 松島輝明

【師走】
年末は「師」が忙しくて走り回るから、という説が有力です。
今年最後の着物と帯は、附下「波に水玉、緑地」と袋帯「金唐革月星、ワイン地」を合わせました。聖夜、月に照らされた波の音が聞こえそうです。

12月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

12月は訪問着と袋帯のご紹介。寒くなる季節に持って来いの情緒溢れる雪持ち笹の訪問着にこれまた冬仕様の立枠ビロードの袋帯をコーディネート致しました。
絵付けの良さを感じていただきたく思います。

12月の着物と帯
コーディネート 田中創造

あっという間に12月、師走となりました。
今年は何だか知らない内に時間が過ぎていくような感覚が強く、一年間もったいないことをしたような気になってしまいます…
そんな一年の愚痴は今年の内に忘れてしまって、気持ちよく新年を迎えるためのお正月コーディネートを先取りでご紹介します!
年末年始、恒例の大きな集まりやイベントは中止…という方も、これを機にご家族と一年の節目を丁寧にお祝いされてみてはいかがでしょうか。

12月の着物と帯 齋藤康二

早くも”暮れ”が近づいてきました,
まだ年末は先ですが、気候はどんどん寒くなり
一年の終わりを感じるようになってきました。
いつもなら一年を振り返る月となるのですが、
今年は来年に向けて”上を向いて”
進んでいこうではありませんか。
そんな今月の着物と帯はちょっといいとこに
出かける装いです。
ちょっとおしゃれに、そしてきちんとフォーマルに。
いかがでしょうか。