ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

6月の着物と帯 店主

紫陽花が咲き始める季節となり、街の街路脇に青紫がかった
彩りが目立つようになりました。
湿気を含んだ空気感と相まって、いっそうみずみずしく目に映ります。
さて、今回は普段とは色気の違う、【モダニズム】なお召し物をご紹介。

6月の着物と帯 松島輝明

六月衣替えです、単衣に夏帯、夏襦袢、帯締め帯揚げも夏物に。温暖化の昨今、単衣でも、、。弊社お勧めの天の川やすずかぜも涼しくお使い頂ける事と思います、一度お試しいただけましたら幸いです。

6月の着物と帯
コーディネート 宮林渉

お単衣の時期のコーディネート。弊社では単衣から夏も兼用出来る素材「すずかぜ」や「天の川」をこの時期から推奨しておりますが、今回ご提案するのは袷でも単衣でもお使いいただける駒無地の素材に古代裂を切付した波に源氏車の付下に夏の染帯をコーディネート致しました。野趣な染帯を合わせる事で気軽さを演出しております。着物の波に対して帯にも敢えて波を合わせているところも、気軽に色あわせを楽しんでいる。という思いで構成致しました。

6月の着物と帯 齋藤康二

6月の着物と帯です、今回は【単衣】のご紹介。
気候も穏やかになり、少し動くと汗ばむくらい暑い日もあります。
京町屋では、建具を風通しのよいものに入れかえる時期、
同じくして衣も涼し気なものに替えてお召しいただく季節となりました。
この頃から着物の柄行きは彩り豊かな、季節感のあるものが
多くなっていきます、例えば代表的な紫陽花や楓、水草、
そして今回ご紹介する杜若など青や紫といった色鮮やかな
柄が主役となって、着物を清々しく、華やかに彩ります。
見ても良し、着ても良し、どうぞご覧ください。

6月の着物と帯
コーディネート 田中創造

毎日の通勤に白川沿いを歩いておりますが、新緑の柳が実に美しい季節になりました。それに伴って気候も日に日に夏らしくなり、夜には蛍が光りはじめて人々の目を楽しませています。
日々感じる季節の移ろいから着想を得て、6月の着物と帯をご提案します。ぎをん齋藤イチオシのうすもの生地「天の川」の小紋に、絽縮緬の夏染帯。浴衣代わりという訳ではありませんが、暑い時季の気軽な装いとして。