ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

店主 9月の着物と帯

9月はまだ単衣に薄物帯の取り合わせが基本。
きものは「涼風」と呼んでいる薄物生地に”葛”を墨描き
した付下である。葛は秋の七草で季節の先取りを楽しむ。
帯は「三本紗」と呼ばれる織の組織に”有職鳥襷文”の袋帯
を取り合わせた。具象的な柄のきものには幾何学的な
模様の帯の取り合わせも基本形。

女将 9月の着物と帯

九月に入り庭先の草間で虫の羽音が聴こえ、
鴨川べりには蛙のうなる声が地面を響くようですが、
まだ日中の残暑にはうんざりです。
さて、今月のきものは手織り紬の生地に秋の七草
藤袴を写実的ではなく、着易いようにステッチ風に
縫いを施した付下です。
帯は丹後の藤布ですが、肌触りがざっくりとして
透け感が涼し気な風合いです。
生地にするには藤つるを割いて木槌で打ち、繊維が柔らかく
なってから織の工程に移ります。
柄は市松地紋部分に色気のある色を友禅し、
帯締めを草木染の緑色の縞を合わせました。
せめて気分はすっきりと「秋」を感じたいものです。

齋藤康二 9月の着物と帯

今回は秋の単衣。
秋らしい色合いのかわり格子の生地に、
唐代の狩猟文があしらわれた付下です。
それに合す帯は、”からむし”の糸を使用した
ザクロの袋帯、地色は単衣らしく青味のある紫に
鼠の配色が清涼感を醸し出している。
よそ行きにも使える、贅沢な組み合わせのおしゃれ着です。