ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

着物と帯

季節に沿って、またはシーンやテーマ毎のお勧めの着こなしを、
着物・帯・和装小物でコーディネートしてご紹介しています

六月の着物と帯 松島輝明

六月「水無月」
「田に水を引く(入れる)水の月=水無月」
この無は無いではなく連体助詞の「な」で現代語の「の」にあたり水無月=水な月=水の月らしいです。


さて、六月から単衣ですが、いくつか約束事があります。
着物は、単衣(八掛、胴裏をつけません)衿裏、居敷当て(お好みで)帯は夏帯で涼しくお召いただきます。
襦袢は夏襦袢です、肌触りの良い紋紗がおすすめです。
小物が夏物に変わります。
今月のコーディネートは野毛切箔の着物に金杢の
松に洲浜の袋帯を合わせてみました。
六月のおめでたい集まりに如何でしょう。

6月の着物と帯 齋藤康二

6月になり梅雨の時期になりましたが、はやくも初夏の
ような日差しを肌に感じます。
祇園周辺の柳の葉は青々と風になびき、清々しい気持ちになります。
さて、いわゆる普通の単衣では暑苦しい梅雨の時期ですが、
肌触りも良く、風通しの良い”うすもの”はいかがでしょうか。