ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

女将思い出語り

私のタンス(箪笥) その1

私の着物入門が御所解染帯ではじまり、家業のおかげでだんだんと結城や紬、小紋等から茶道、能などと着物と帯との範囲が広がり私自身の感覚が変わる中でタンスの中味も多種多様に柄・素材のこだわりが増して来ました。

用途に応じた着物と帯の組み合わせ方は、祇園のお茶屋のお母さん(女将さんをお母さんと呼びます)達から教えていただいた学びでした。

 

①、ちょっとした外出の時の着物と帯

②、お座敷で芸妓さん達を引き立たせる時の着物と帯の組み合せ

③、大きな宴会やパーティの時のお顔ぶれに合った組み合せ

④、観劇の時、役者さん達へご贔屓の心粋の組み合せ

⑤、習い事の発表会の着物の取り合わせ

などが「どんな時にどんなものを着るか…」という一般の我々が悩む時の参考の基本であると思います。

 

また、洋服にはない着物の深み、味、歴史等以外に、ストレスなく着る工夫が楽しみになり、お茶屋のお母さんから「ああ、なるほどなあ…」と教えられた事が実に多々ありました。

着物は体にまとわりつくように、ストレスなく着る事が大切で、曲線感覚で着る事が苦痛なく長時間着ていられるコツだと思います。雑誌の中でモデルさんが着ている様な直線的着付けは姿が綺麗ですが、動きがある現実では無理な事と思います。身体は各々個性があるので「ゆるやかにまとう」着方だと更に楽しい着物時間が過ごせると信じています。

さて「ゆるやかにまとう」にはどうしたら良いか…基本では仕立ての寸法ですが、特に胸巾、衿付け、袖付けがポイントとなります。いづれ着付けのお悩みはご相談にのりたく存じます。

最後に、着物と帯の組み合わせをいくつかご紹介致します。詳しくは次回に引き続いてお話させていただきたいと思います。

お祝い事などおめでたいお席に…

お稽古の発表会や歌舞伎観劇に…

歌舞伎観劇に演目に因んで…

お茶会や謡い発表会に…

華やかなパーティの装いに…

 

人は石垣

五月を待たずに河岸堤にはたっぷりと葉をつけた柳の木が、初夏を思わせる風にゆらりゆらりと心地良さそうに枝を揺らしています。

そんな中でふと、振り返ると、町並みの家々の入口扉に冷たく悲しそうに貼り紙されて「休業」や「廃業」のお報せです。その貼り紙も黄色く変色している所を見れば、もう随分前から貼られているのでしょう。

時短営業、ロックダウンの繰り返しで残念ながら経営が行き詰まり止めざるを得ない事態に至ったのでしょう。それまでは日常の生活の中で人々との絆、語らいの中で生き甲斐を感じ生活を送っていた経営者が、共に働いていた従業員を解雇せざるを得ない辛い決断をした心情を思うと、実に悲劇な結論と痛感します。

店舗、会社は勿論の事、社会の中の集団は全て頂点を支える為に、その下に多くの人々が力を合わせて成り立っています。

私は出身が山梨県甲府…つまり戦国武将・武田信玄の甲州です。信玄の名言に「人は石垣、人は城なり…」という言葉があり、いつの世も強い人材こそが城を支える石垣であると理解しています。

形の整った大きな石ばかりが沢山あっても、その石の間に差し込む小さな形の悪い石も必要で、大小が相互に支え合ってこそガッチリとした石垣が出来て、その上に城が築けるという事ですが、やはり今のこの世の中、財務的にも困窮状態となる会社が多いでしょうが、何とかこの大小の石の繋がりによって時間をかけて積み上げて来た石垣だけは守り続けて欲しいものです。

この石垣は会社だけでなく家庭という集団、友人関係等、人と人とが繋がった時に徐々に石垣が積まれて行きますが、一緒に積み上げて行く努力と楽しさを想うと、実に幸せを感じます。

まさか…!という事実

七十歳過ぎまで人生時間を過ごして来ると、人生の醍醐味とはまさに、この「まさか…!」という想定外の問題にぶつかった時かと思います。

この「まさか!」の中には良い事もあり、心がうきうきと喜び幸せいっぱいの気分で世の中の暗い部分まで明るく見えたり…と勝手な心境になったりもしますが、私が今、思い返せば、逆に悪い「まさか!」の時の方にこそ、人生の醍醐味を感じます。

自身が追い詰められ、解決方法も判らず、頭の中をいろいろと思い巡らしても、一点の明かりも無く、他人や周りの人々を巻き込みながら、どんどん身近な人間関係さえも壊れていく…そして孤立していく自身の姿の哀れさ…。

 

もがけばもがく程、暗く深い穴の中に一直線に落ちていく心と精神…「ああ、これではダメになってしまう!」という時に、ふと客観的に自分自身の姿を観て、まづいかに心を建て直すかという所から私は始めました。自分を取り巻く生活条件の観念や観点の見直しを細密に分析して、一つ一つ確認と納得を繰り返しているうちに心の均衡を取り戻し、各々の問題も冷静に順序だてて解決できる事を識りました。

精神的に不安的な時に山積してしまった問題も、正義的に王道に沿って結論を出せるようになりましたし、子どもたちや仕事のことも安心して日常の生活を過ごせるようになったことが、一番の成果でした。

この「まさか!」を乗り越えて、私自身の人生観が大きく変わりました。仕事を通して知り合った人々、又、それ以外の御縁で知り合った人々に可能な限り、手助けが出来るなら精一杯する事、見返りを期待せず誠心誠意努力して接する事など…

苦しさの中で学んだこの姿勢が、自分にとって一番楽な生き方であると会得しました。本当に人生楽なんです。その苦しい時に救いの手ほどきをして下さったのが、大徳寺現住職の泉田玉堂老師でした。「人間本来仏なり…」と。

今まではどこかで無理をしたり、虚勢を張ったりがあったけど、現在はとても毎日が楽しく、安定した時間を過ごして人生を愉しんでいます。

 

これから、まだまだ「まさか!」と対面する事があるでしょうけど、乗り越えることもできると確信しています。この苦しみからの脱出過程を私は人生の「醍醐味」と理解し、納得しました。

苦しみも味のうち…