ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

女将思い出語り

習い事の大切さ

新しい年を迎えても、引き続きコロナが収まらず不安な一年がスタートしました。

例年なら年末年始は毎年東北岩手のスキー場で家族みなで新年を祝っていますが、本年は京都でステイホームですから、久々に京都観世会の謡初式を、本年はコロナ禍のためライブ配信にて拝見し、一年の無事と稽古精進の誓いを致しておりました。

私が謡いの稽古をはじめたのは五十二歳の時で、仕事がひと段落して子供たちも社会へ送り出した時にふと…これからは自分自身を見つめ直す時間を持とう…と思いつき、それまで茶道と書道はお稽古して来ましたが、以前より興味があった謡いを本格的に勉強したい!…と一大決心のもと、町内で日頃から存じ上げている観世流シテ方十世片山九郎右衛門先生に入門することを決めました。
片山先生は私が京都へ嫁いだ頃はまだ可愛らしい小学生で、茶色のランドセルで通学していらっしゃいました。入門当日、町内の親しみから一変して師弟関係となり、私は居住まいを正して九郎右衛門先生に「お稽古を幾久しくお願い申し上げます。」と深々と頭を下げた時、ハッと、この一瞬の姿勢が人間として大切な型なんだ!と痛感しました。

私のように古希を過ぎれば世の中を俯瞰的に観る事が多くなり、面倒な事、言い訳をするような事、等はもうイヤ!もっと楽に生きたいと思う人が少なからずで、中には「この齢で他人に頭を下げるのはもうイヤ!」と断言する人もいますが、私はこの現実とは真逆で、高齢だからこそ改めて頭を下げて、自分を見つめ直す事で新しい人生の楽しみが見つかったのです。

学生時代、大嫌いで授業中居眠りばかりしていた古典が、謡いを始めてだんだんと文章に慣れて来ると、日本の風土、日本語の美しさや、日本人の心の機微の繊細さ等、心にジーンと浸み渡る感動的な文章が身体の中に流れ込んで来ます。
今日まで欧米文化に引きずられて来た我々日本人が見失っていた本来の日本的、東洋的感受性を取り戻したような気分となって、自分自身を見つめ直し、そして周りの人々を敬い尊く大切に思う心を習得出来ます。

能は難しく「理解できない…」とおっしゃる方が多くいらっしゃいますが、笛、小鼓、大鼓の三者のリズムが身体の脈拍に合わせて、曲の流れの中へ導いてくれます。
まるで母胎の中の鼓動のようで、だんだんと心地良くなり…心拍が落ち着き、大変興味深いリズムです。

師匠と対峙してのお稽古はビーンとした緊張感が健康の秘訣で、私のボケ封じと思い、これからも精進します。

私の生涯学習です。

齋藤織物(株)の設立

鴨川を挟んで河岸の桜や銀杏の並木が各々葉の色を黄々と変えて、秋から冬のつめたい風を受けて散って行く様子を観ると、コロナがこんな十二月まで続いてしまったのか!と…乾いた地面に落ちた葉と共に寂しさを感じます。ああ、このまま新年が来てしまうのかなあ…。そんな心境の中ですが引き続き人生の思い出を振り返りたいと思います。 

昭和六十年頃、日本の株価が四万円近くになりバブル景気の兆しが表れました。それまで「齋藤」は染め物だけを生業として来ましたが、着物と帯を同じ感覚で表現する事を強く主人が希望したので、袋帯製造会社を設立する事を決めました。

まず工房建築と共に手機の職人の手配と職人を指導する工房主任の選任と…思いの外、準備する項目が多く染物と織物とはこんなにも別世界、異業種なんだ…と痛感し、苦労苦難が山積して途中で挫折しかかる事が数回ありましたが、主人に「人を感動させる織物を創りたい」という強い希望があり、夢を求めて、当時バブル景気による不動産高騰で身分不相応な借金を背負う事となりました。会社が軌道に乗るまでは銀行返済に行き詰まり、夜中にうなされる事も多々ありましたが、何とか困難を乗り越え今に至っております。

その間には平安時代から江戸中期までの古裂復元や能衣装の制作、中国湖南省博物館所蔵品の羅の復元とか、袋帯以外の文化資料や、技術研究の蓄財を後世代に引き継ぐ事が出来て、主人共々ホッとしております。 

現在の西陣織業界は稼働率が悪く寂しい状況ですが、私どもの工房には若い世代の織物好きな女子職人が多く集まり、毎日張り切って元気に研究と技術の更新をしており、頼もしい限りです。

この工房設立で経験した事は新規事業立ち上げの苦しさ、難しさは勿論ですが、社会的責任を常に意識し、自身を見失うことなく強い「初心貫徹」の決意を持続することの大切さです。この意志の基盤となったのは、社是にありますが「我々の事業に参画する社員、職人の生活と心を豊かにする」という主人の信念でした。

人生、毎日の生活は常に二者択一を迫られ、寸時に進んで行かなくてはなりませんが、敢えて苦しい道を進めば、広く大きな自身の成長があると期待しつつ、人生楽しんでおります。

初めての御所解染帯

十月に入り、いきなり涼しさを越えて肌寒くなり、楓の葉も紅くいろづいて秋の空気となりました。朝晩の冷え込みと共に「着物でも着ようかなぁ…」と気分も揚り久しぶりにタンスを開けて着物や帯を思案します。そんな時間が忙しい日常から離れて楽しいひと時です。

当店に初めてご来店いただくお客様が最初にご所望されるのが「ちりめん御所解染帯」でございます。女性の心をつかむ要因は風雅なる美しさと刺繍の華やかさで、草々の大らかさが画面いっぱいに広がり、野山の中に自身が開放された気分になります。私も同じ女性として「私も一本欲しい!」と義父にねだり、作ってくれたのが朱紅の御所解染帯でした。私が二十七歳でその頃はまだ子供たちが小さくて身につける時間が無かったので、子供を寝かしつけてから夜、ゆっくりと眺めては楽しんでおりました。

この御所解柄というのは、文献には多々説明されておりますが、これ以外の俗説で、江戸城開城の折に御殿勤めの侍女たちへ、現代の退職金代わりにこの小袖を渡したそうで、一両の小袖を解いて裂一片一片を市中に売って生活の糧にしたようです。それ程に絹衣は貴重で当時の庶民には珍しく、手に入れることが誇らしく価値があったのでしょう。

当家の始祖がこの「御所解柄」を当店の一番柄と位置づけて、代々伝達継続してくれた事に感謝して、精進しておりますが、まだ祖母が存命中にこの素晴らしい感動的な着物や帯を、何とか東京銀座に店を構えて広めたいと言ったところ「屏風とのれんは広げすぎたら倒れるからアカン!」と訓戒を受けました。

その頃のことを思えば、新幹線で日帰りが可能になり、江戸時代そのままの店構えを楽しんで遠方より御来客があり、有難い世の中になりました。私が義父よりお下がりの着物を着て、仕事をしていると、何となく義父の守護霊を感じ、祖母の相変らずの訓戒も聴こえて来ます。

 

おばあちゃん、お義父さん、ありがとう!