ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

女将思い出語り

大河ドラマ女優 藤村志保さん

武原はん先生は「芸は一代かぎり」をモットーに一人も弟子を持たれませんでしたが、唯一女優の藤村志保さんが押しかけ弟子の形で先生からお稽古を受けていらっしゃいました。その折に私も藤村さんとお目にかかる機会に恵まれ、今日までお互いに連絡を取り合う仲となりました。

藤村志保さんは皆さまも良く御存知の通りNHK大河ドラマに多く出演なさって、数多くの物語が印象的でございますが、特に平成三年放送の「太平記」の時は主演の真田広之さん演じる足利尊氏の母親、清子役を受け、その為の役づくりにとてもご熱心で、京都の寺社巡りに私もお供を致しました。

尊氏が生まれたとされる京都府綾部市景徳山安国寺にある井戸水で尊氏が産湯をつかった経緯から、当時長い歴史を経て寂れてしまった安国寺に藤村さんが訪問する為、事前に直接連絡を取りました。当日、早朝より東京を発って、私と綾部に向かったのですが、綾部駅改札には、思いもかけなかった市職員の方々のお出迎えを受け、公用車を用意していただき、私たち二人はびっくりです。更に宴席のご準備まであったのですが、さすがにご遠慮させていただきました。

大河ドラマの舞台となれば、綾部市にとっても「町興し」のきっかけとなりますから、市中が賑わうことは喜ばしい事なんでしょう。 綾部の用事を済ませて、藤村さんは京都に戻り尊氏ゆかりの等持院、銀閣寺心空殿の千体地蔵菩薩を拝跪して東京へ帰られました。

映像の中の藤村志保さんは可憐で優しく、おっとりとした役柄が多いのですが、素顔は生粋の横浜生まれの「浜っ子」で、歯切れの良い闊達な感性の持ち主です。また、そのお母様も当時の女性としては上背があり、物事に対して鷹揚に構え、時々私がご自宅へ伺うと「齋藤さん、ホテルの食事は飽きるでしょ!夕飯を食べて帰りなさい!今夜はね、大根とイカの煮物、いわしのつみれ揚げ、それに酢ごぼうよ!」と…。それが「おふくろの味」とは良く表現したもので、あの美味しさは忘れられず、今でもまねて作るのですが、あの味は出せません。

その後は家族ぐるみでの交遊が続き私の娘は時々、撮影所に遊びに行ったりしたものです。娘の結婚披露宴で藤村さんは介添もつとめて下さり、会場はご年配の方々が多く藤村さんの登場にとてもびっくりして大変喜んで下さり、良い宴となりました。スケジュールの詰まった中での娘への心づくしを有難く感謝しています。藤村さんは現在、体調を崩され療養しておられますが、一日も早くお元気になり、再び映像の中でお会いしたいと心より祈っております。

頑張れ!志保さん!

 

 

 

出逢い ~昭和の日本舞踊家 武原はん先生~

私が四十歳のころ、主人が制作を受け持ち、私が営業販売する体制で、この「齋藤」が走り出すことが決まり、いよいよ東京方面へも出向き始めました。まず手がかりは、先代・井上八千代様より御紹介いただき、義父が毎月お伺いしていた、東京六本木にお住まいの地唄舞の大家、武原はん先生宅へ参上致しました。

当時先生は八十三歳でいらっしゃいましたが、実に美しく、謙虚に年齢を重ねて来られたお姿に感動致しましたことを覚えております。

早朝、私は六時半発の新幹線に乗る為、まだうす暗い四時半に起きて着慣れない着物を着付けて家を出ますと、武原先生のお宅へ十時半ころにお伺いすることが出来ました。ご自宅のエレベーターで六階で降りると、白檀の香りが玄関いっぱいに漂い、私は一気に緊張感が高まり、足がぶるぶると震えます。丁度、先生は朝食兼昼食をされていらして「あら、よく来たわね!」と柔和な笑顔を返して下さって、やっと私は救われた思いです。

私は先生の横に座り京都のお話をして差し上げると、大変喜んで下さいました。先生は関西のご出身なので、私の話にお若い時のご自分を重ねてきっと懐かしく思い出されたのでしょう。

武原先生は主人の作風をとても評価して下さり、二人の感性も一致して「着物もね、生地や柄にこだわりが無いとつまらないわ!」と常々おっしゃっていました。先生は必ず主人に対して次回の宿題を出して下さいまして、それによって主人もご要望にお応えできるよう更に努力して参りました。

先生の魅力は、舞姿は勿論ですが、先生の「懐の深さ」とでも言うか、まず相手を無条件で受け入れて下さる…そして説いて下さる優しさと厳しさとでも言うのでしょうか…性別・年齢を越えて先生の包容力で温かく見つめて下さるのです。そんな先生が毎朝夕のお経や般若心経の写経に精を出していらっしゃるお姿を思い出します。

ある時私に「これ持ち帰ってお父さんのお仏壇にお供えしてちょうだいね」と渡されたのが、先生のお書きになった二枚の写経葉書でした。その日は義父の命日で、先生が覚えてくださった事に大感激!大感謝でした。

そんなお伺いが数年過ぎた折に先生が私に「東京で展示会をしないの?」と尋ねられ、私が即座に「場所がないのです」とお伝えしたところ「あら、じゃあ五階の私の舞台と座敷を使いなさいよ!」と思いがけないお言葉をいただき、私は嬉しさの余り小躍りして京都へ帰り、主人に伝えました。
あれから三十五年、毎年春の三月には先生のお宅五階で展示会を続けさせていただいております…今年の三月も。

そんな出逢いとチャンスは生涯に一度しかないでしょう。私にとって武原はん先生は「人生の生き方」の師匠でした。

主人の美の追求

国民と共に大戦を乗り越えて日本に再び平和を取り戻して下さった昭和天皇が、昭和六十三年秋より御体調を崩され、私たちは一喜一憂の中、年明け正月早々に崩御されました。とても国民に愛され、慈しみ深い昭和天皇の御顔を思い出します。

元号は平成へと移り、我家も祖母、義父と続きに亡くして、いよいよ主人の着物づくり時代に入っていきました。

当時主人は日常の業務終わり、午後三時頃から北山の資料館へ通い、染織についての美術史、古書等の勉強をして帰宅が夜七時頃になっていました。そんな日課の繰り返しの中、資料館の事務職員の方が主人の熱心な姿に共鳴して下さり、カメラを持ち込み美術本や図柄等、資料の撮影の許可を下さいました。

閲覧には時間的に限界がありましたので、大変有難いご厚意でした。その当時は給料に余裕がなく、美術本を思うように買い求める事が出来なくてさぞ、主人は情けないと自責の念だった事でしょう。写真・ファイルを見ながらの自宅での染織の勉強は深夜まで続き、だんだんと自身の作風の基礎が出来ていったようです。

現在まで連綿と引き継がれて来た染織品にはそれなりの「美や格調」があり、その中で主人がどこに焦点を合わせて着物づくりするべきか…を確認して来たのですが…その為、本や写真では物足りなくなり、実物の古裂を手に取って益々の研究に移行しています。

生来が凝り性なので、古裂の蒐集に没頭していきました。その為に日曜、休日は博物館、美術館、神社仏閣を歩き廻るのです。休日くらいは子どもの面倒をみて欲しいと思いましたが、私の思惑は外れ「イラ!イラ!」としましたが、そこは「ガマン!ガマン!」と頭をクールダウンさせて店の雑務に追われました。

今思い返せばその雑務処理の中に大事な事柄が沢山あったように思います。広い範囲を観る「目の力」みたいな…