ぎをん齋藤
ぎをん齋藤

女将思い出語り

齋藤織物(株)の設立

鴨川を挟んで河岸の桜や銀杏の並木が各々葉の色を黄々と変えて、秋から冬のつめたい風を受けて散って行く様子を観ると、コロナがこんな十二月まで続いてしまったのか!と…乾いた地面に落ちた葉と共に寂しさを感じます。ああ、このまま新年が来てしまうのかなあ…。そんな心境の中ですが引き続き人生の思い出を振り返りたいと思います。 

昭和六十年頃、日本の株価が四万円近くになりバブル景気の兆しが表れました。それまで「齋藤」は染め物だけを生業として来ましたが、着物と帯を同じ感覚で表現する事を強く主人が希望したので、袋帯製造会社を設立する事を決めました。

まず工房建築と共に手機の職人の手配と職人を指導する工房主任の選任と…思いの外、準備する項目が多く染物と織物とはこんなにも別世界、異業種なんだ…と痛感し、苦労苦難が山積して途中で挫折しかかる事が数回ありましたが、主人に「人を感動させる織物を創りたい」という強い希望があり、夢を求めて、当時バブル景気による不動産高騰で身分不相応な借金を背負う事となりました。会社が軌道に乗るまでは銀行返済に行き詰まり、夜中にうなされる事も多々ありましたが、何とか困難を乗り越え今に至っております。

その間には平安時代から江戸中期までの古裂復元や能衣装の制作、中国湖南省博物館所蔵品の羅の復元とか、袋帯以外の文化資料や、技術研究の蓄財を後世代に引き継ぐ事が出来て、主人共々ホッとしております。 

現在の西陣織業界は稼働率が悪く寂しい状況ですが、私どもの工房には若い世代の織物好きな女子職人が多く集まり、毎日張り切って元気に研究と技術の更新をしており、頼もしい限りです。

この工房設立で経験した事は新規事業立ち上げの苦しさ、難しさは勿論ですが、社会的責任を常に意識し、自身を見失うことなく強い「初心貫徹」の決意を持続することの大切さです。この意志の基盤となったのは、社是にありますが「我々の事業に参画する社員、職人の生活と心を豊かにする」という主人の信念でした。

人生、毎日の生活は常に二者択一を迫られ、寸時に進んで行かなくてはなりませんが、敢えて苦しい道を進めば、広く大きな自身の成長があると期待しつつ、人生楽しんでおります。

初めての御所解染帯

十月に入り、いきなり涼しさを越えて肌寒くなり、楓の葉も紅くいろづいて秋の空気となりました。朝晩の冷え込みと共に「着物でも着ようかなぁ…」と気分も揚り久しぶりにタンスを開けて着物や帯を思案します。そんな時間が忙しい日常から離れて楽しいひと時です。

当店に初めてご来店いただくお客様が最初にご所望されるのが「ちりめん御所解染帯」でございます。女性の心をつかむ要因は風雅なる美しさと刺繍の華やかさで、草々の大らかさが画面いっぱいに広がり、野山の中に自身が開放された気分になります。私も同じ女性として「私も一本欲しい!」と義父にねだり、作ってくれたのが朱紅の御所解染帯でした。私が二十七歳でその頃はまだ子供たちが小さくて身につける時間が無かったので、子供を寝かしつけてから夜、ゆっくりと眺めては楽しんでおりました。

この御所解柄というのは、文献には多々説明されておりますが、これ以外の俗説で、江戸城開城の折に御殿勤めの侍女たちへ、現代の退職金代わりにこの小袖を渡したそうで、一両の小袖を解いて裂一片一片を市中に売って生活の糧にしたようです。それ程に絹衣は貴重で当時の庶民には珍しく、手に入れることが誇らしく価値があったのでしょう。

当家の始祖がこの「御所解柄」を当店の一番柄と位置づけて、代々伝達継続してくれた事に感謝して、精進しておりますが、まだ祖母が存命中にこの素晴らしい感動的な着物や帯を、何とか東京銀座に店を構えて広めたいと言ったところ「屏風とのれんは広げすぎたら倒れるからアカン!」と訓戒を受けました。

その頃のことを思えば、新幹線で日帰りが可能になり、江戸時代そのままの店構えを楽しんで遠方より御来客があり、有難い世の中になりました。私が義父よりお下がりの着物を着て、仕事をしていると、何となく義父の守護霊を感じ、祖母の相変らずの訓戒も聴こえて来ます。

 

おばあちゃん、お義父さん、ありがとう!

大河ドラマ女優 藤村志保さん

武原はん先生は「芸は一代かぎり」をモットーに一人も弟子を持たれませんでしたが、唯一女優の藤村志保さんが押しかけ弟子の形で先生からお稽古を受けていらっしゃいました。その折に私も藤村さんとお目にかかる機会に恵まれ、今日までお互いに連絡を取り合う仲となりました。

藤村志保さんは皆さまも良く御存知の通りNHK大河ドラマに多く出演なさって、数多くの物語が印象的でございますが、特に平成三年放送の「太平記」の時は主演の真田広之さん演じる足利尊氏の母親、清子役を受け、その為の役づくりにとてもご熱心で、京都の寺社巡りに私もお供を致しました。

尊氏が生まれたとされる京都府綾部市景徳山安国寺にある井戸水で尊氏が産湯をつかった経緯から、当時長い歴史を経て寂れてしまった安国寺に藤村さんが訪問する為、事前に直接連絡を取りました。当日、早朝より東京を発って、私と綾部に向かったのですが、綾部駅改札には、思いもかけなかった市職員の方々のお出迎えを受け、公用車を用意していただき、私たち二人はびっくりです。更に宴席のご準備まであったのですが、さすがにご遠慮させていただきました。

大河ドラマの舞台となれば、綾部市にとっても「町興し」のきっかけとなりますから、市中が賑わうことは喜ばしい事なんでしょう。 綾部の用事を済ませて、藤村さんは京都に戻り尊氏ゆかりの等持院、銀閣寺心空殿の千体地蔵菩薩を拝跪して東京へ帰られました。

映像の中の藤村志保さんは可憐で優しく、おっとりとした役柄が多いのですが、素顔は生粋の横浜生まれの「浜っ子」で、歯切れの良い闊達な感性の持ち主です。また、そのお母様も当時の女性としては上背があり、物事に対して鷹揚に構え、時々私がご自宅へ伺うと「齋藤さん、ホテルの食事は飽きるでしょ!夕飯を食べて帰りなさい!今夜はね、大根とイカの煮物、いわしのつみれ揚げ、それに酢ごぼうよ!」と…。それが「おふくろの味」とは良く表現したもので、あの美味しさは忘れられず、今でもまねて作るのですが、あの味は出せません。

その後は家族ぐるみでの交遊が続き私の娘は時々、撮影所に遊びに行ったりしたものです。娘の結婚披露宴で藤村さんは介添もつとめて下さり、会場はご年配の方々が多く藤村さんの登場にとてもびっくりして大変喜んで下さり、良い宴となりました。スケジュールの詰まった中での娘への心づくしを有難く感謝しています。藤村さんは現在、体調を崩され療養しておられますが、一日も早くお元気になり、再び映像の中でお会いしたいと心より祈っております。

頑張れ!志保さん!